畜産・酪農収益力強化整備等特別対策事業(全国推進事業)

畜産クラスター

事業の概要

畜産経営を核に行政、畜産関連組織・団体、企業、地域住民等が結集し地域ぐるみで高収益型の畜産を実現するための体制(畜産クラスター体制)の更なる創出と普及を目指して、優良事例調査の実施とそれをもとにした畜産クラスターの体制づくりの課題等の検討、情報交換、畜産クラスター体制による取組の全国的な推進を図ることを目的としています。

優良事例調査

機械導入事業、施設整備事業、実証支援事業に取組んだ協議会を事例として、協議会の設立・取組み経緯や課題、解決策等を中心に現地聞き取り調査をもとに報告書として取りまとめました。
畜産クラスター協議会の取組み等の参考資料としてご活用ください。

平成28年度

畜産クラスター情報交換会

畜産クラスターの全国的な普及推進のため、畜産クラスター事業を活用して機械導入や施設整備を実施した地域の畜産クラスター協議会関係者を参集して、情報交換会を開催しています。ここでは、これまでの活動内容を報告するとともに、取組上の課題やその解決策、今後の取組みについて情報交換を行い、各協議会の今後の活動の参考としていただくものです。本ページでは、ご参加いただけなかったほかの畜産クラスター協議会の参考とするため、議事内容をまとめましたので、ご活用ください。

経営指標

道府県畜産協会等が長年にわたり実施してきた先進事例調査の調査票をもとに全国の先進的な経営体等を対象に経営状況に係る調査を行い、畜産クラスターの中心的な経営体の育成及び経営改善の指標とするために取りまとめたデータです。

topへ