平成12年度全国優良畜産経営管理技術発表会
―農林水産大臣賞は川名正幸さん[千葉県]と北栄産業(有)[石川県]が受賞―
 


受賞者の方々と奥様、審査委員による記念撮影

 平成12年度全国優良畜産経営管理技術発表会(主催:社中央畜産会、後援:農林水産省)が10月13日、東京・港区の虎ノ門パストラルで畜産関係者多数の参加のもとに開催されました。
 この発表会は、都道府県畜産会が行う支援活動を通じて明らかにされた、優秀な実績を収めている畜産経営等を広く求め、発表会を開催し表彰するとともに経営の成果 を支えた経営管理技術の普及を図ることを目的としております。
 本年度の発表ならびに受賞者は、大家畜部門29事例、中小家畜部門7事例の計36事例から、審査委員会(委員長:堀尾房造(九州共立大学副学長))による書類審査、現地確認を経て選考された、各部門4事例の計8事例について発表が行われ、最終審査の結果 、農林水産大臣賞は、千葉県・川名正幸さんの酪農経営(大家畜部門)、石川県・北栄産業(有)市村栄宗さんの採卵鶏経営(中小家畜部門)が栄えある受賞に輝きました。

平成12年度全国優良畜産経営管理技術発表会表彰者
 

[大家畜部門]

 

・農林水産大臣賞(中央畜産会長賞・最優秀賞)
  千葉県 川名正幸(酪農:循環型農業を目指して)

・畜産局長賞(中央畜産会長賞・優秀賞)
  静岡県 峯野 孝(肉用牛:牛を通じて人と自然の調和した経営を目指して)
  佐賀県 渕上吉隆(肉用牛:F1肥育で高品質牛肉生産がもたらす高所得・安定経営)
  宮崎県 黒木輝也(肉用牛:“計り”と“パソコン”により、飛躍した肥育経営)

[中小家畜部門]

 

・農林水産大臣賞(中央畜産会長賞・最優秀賞)
  石川県 北栄産業(有)(採卵鶏:衛生管理と生産性向上を追及する環境保全型養鶏)

・畜産局長賞(中央畜産会長賞・優秀賞)
  栃木県 (有)三田鶏園(採卵鶏:嘘のないおいしい卵を生産)
  新潟県 生越利男(養豚:夫婦で築く低コスト養豚経営)
  岡山県 (有)協和養豚(養豚:地域との連携による養豚繁殖・肥育一貫経営の安定化)

 
審査講評はこちらでご覧いただけます