経営技術セミナー

   

 経営一般

・農場再生 こうして経営困難を打開する(1)(NO.111) 
・農場再生 こうして経営困難を打開する(2)(NO.112) 
・農場再生 こうして経営困難を打開する(3)(NO.113) 
・農場再生 こうして経営困難を打開する(4)(NO.114) 
・農場再生 こうして経営困難を打開する(5)(NO.115)  
・大家畜経営の自給飼料戦略(T)(NO.140)
・大家畜経営の自給飼料戦略(U)(NO.141)
・牛群検定をもっと生かすために(T)(NO.142)
・牛群検定をもっと生かすために(U)(NO.144)
・牛群検定をもっと生かすために(V)(NO.145)
・積んだだけの畜ふんと 発酵したたい肥は違う ─ 岡山県総社市・サンファームハラ ─ (NO.148)
・平成14年畜産物生産費の概要―牛乳・子牛・肥育牛(去勢若齢、乳用雄、交雑種)・ 育成牛(乳用雄、交雑種)・肥育豚の生産費と収益性― (NO.157)

 酪農

・岡山県内の放し飼い方式による酪農経営の現状と課題(NO.98)
・搾乳作業マニュアル(1)(NO.92)
・搾乳作業マニュアル(2)(NO.93)
・受精卵移植による輸入スーパーカウ増殖の取り組み(NO.101)
・経営データを総合的に利用する酪農経営データベースの活用(NO.143)

 

 肉用牛

・規模は零細でも生産性は低くないぞ(NO.81)
・島根県中央子牛市場における子牛の市場動向(NO.100)

 

 養豚

・豚の防署対策・・・ひと夏のデータですが・・・(NO.92)
・養豚一貫経営における繁殖技術向上のポイント(NO.101)
・養豚経営─生き残るための手がかり(1)─(NO.126)
・養豚経営─生き残るための手がかり(2)─(NO.127)
・養豚経営─生き残るための手がかり(3)─(NO.128)
・アンケートからみる 「養豚生産現場における衛生問題とその対処法」− 日本豚病研究会「養豚衛生の実態調査」の結果から −(NO.158)

 その他

・経営間の連携強化に畜産会が果たす役割(NO.88)
・最近の食肉消費・流通をめぐる動き(NO.99)
・やって得する畜産経営の青色申告(I)(NO.132)
・やって得する畜産経営の青色申告(II)(NO.133)
・やって得する畜産経営の青色申告(III)(NO.134)
・食品リサイクルを視野にいれた 日本畜産のあり方について(NO.149)
・たい肥はマルチの役目 ─岡山県邑久郡邑久町 金居正彦さん─(NO.149)
・ナスのハウス栽培にはたい肥の腐植が必要 ─岡山県児島郡灘崎町 大塚公祐さん─(NO.150)
 

文化セミナー

・愛称「とちぎLaLaポーク」 〜系統豚「とちぎL」を利用した豚肉〜(NO.91)

 
・21世紀に向けた農業革命(NO.102)

 

畜産会経営情報の表紙に戻る