『感電せずに床掃除(水力床磨き機)』

酒井田 隆朗

 平成11年9月、海外畜産事情研修でフランス・ラオン地方(エーヌ県)の畜産専門農協を訪問した折り、家畜(肉用牛)の集出荷場で見つけました。これはオフィスビルの床掃除(ワックス掛け)の時良く見かける、回転ブラシ式の床磨きの道具と同じ様なものですが、よく見ると電動ではなく水力で動くものでした。その名は「Hydro-Scrub」です。

 係留場の床は、スノコ形式になっており、ふんは床下に落下しますが、一部がこびり着いてたいへん落ちにくいのです。ビルの床掃除と違ってワックスで磨くためのものではなく、頑固な汚れを水とともに流し落とすものでしょう。高圧スチーム洗浄機と回転ブラシ式床磨き機の二つを同時に使うのも効率が悪く手間ですから、両方の機能をドッキングさせたアイデアに感心しました。実際に使用している現場には出くわさなかったので洗浄能力の実力は想像するしかありませんが、これならいくら水を使っても感電しませんよね。

(報告者:岐阜県畜産課技術課長補佐)