畜産コンサルタント3月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
世界最先端の養鶏設備が一堂に
―IPE(国際養鶏展)2015米国・アトランタで開催― 編集部

本物のJapaneseWagyuをどうぞ
―EU域内の4都市で和牛販促プロモーションを展開― 編集部

「さつまビーフ」と飼料用米給与の「秋田純穂豚」がいち押し
―スターゼングループが総合展示会で発表― 編集部

■巻頭コラム■
求められる農業の体質強化―農業機械化の重点対策― 染 英昭

■特  集■
生産性向上と省力化に寄与する畜産施設・機械
―最新技術と導入の効果―

◇畜産経営を支える施設・機械の役割
―導入の歴史と最新技術― 高橋 圭二

◇畜産施設・機械導入を促進するための「畜産収益力強化対策」
―「畜産クラスター」の取り組みの推進の中での位置づけ― 飯野 昌朗

◇さまざまなメリットがある畜産環境整備機構のリース
―来年度は中古機械も対象へ― 雨宮 江里

◇畜産関係施設・機械の導入・整備をリース方式により支援
―畜産近代化リース協会の畜産関係施設貸付事業― 大森 伸男

◇施設機械の設備投資を行う際の経営判断
―「労働装備コスト」のバランスを考える― 栗木 允男

◇最新型固液分離システム(スリットセーバー)導入でふん尿処理の効率化を実現
―経営選択を迫られて決断し導入へ― 稲吉 克仁

◇大規模酪農を活かす設備と設備の能力の活かし方
―ロータリーパーラーの導入― 宇宿 圭太

◇牛舎の凍結・結露、暑熱対策の画期的なシステム
―SECCO(セコ)牛舎自動換気システム― 水月 弘樹

◇中小規模での搾乳ロボット導入事例
―省力化で人と牛に優しい経営を実現― (一社)中央酪農会議

◇簡易・省エネ・省スペース化に対応しつつ、高品質な商品製造を実現
―生産性向上と省力化を実現する施設・機械の紹介― 編集部

◇経営の基本はあくまでも牛。ハードが利益を生むわけではない
―長野県・前田牧場の設備投資の基本ポリシー― 編集部

◇型式適合認定の新しい畜舎工法「システム畜舎」
―工期短縮・省資材・快適な牛舎環境を実現― 山本 誠一

◇生産性向上設備投資促進税制を活用した先端設備の導入のポイント
―畜産業の産業競争力の強化のために― (公社)中央畜産会

■畜産本棚―こんな本、あんな本―■
肉用牛における最新の知識と技術の専門書
―『肉用牛の科学』(肉用牛研究会刊行、入江正和・木村信熙監修)― 佐藤 英明
■女性の視点■
「東の匠SPF豚」ブランドを育てるという責任ある仕事に就いて 實川 恵子

■畜産学習室■
農作物に対するシカ被害軽減とシカの有効利用に向けた提言(上)
―被害の現状と発生の原因― 宮ア 昭・丹治 藤治

■海外事情■
アメリカ合衆国の牛肉事情 アメリカ市場の現状と和牛輸出の課題B 櫻井 研
ドイツのバイオガスプラントの展開(上) 横溝 功

■小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第75回 山羊は日本を救う!那須高原今牧場

■畜産データボックス■
『平成25年農業産出額および生産農業所得(全国・都道府県別)』
―畜産物の産出額を中心に― 編集部

■農場HACCP推進農場■
指定農場の取り組み  農事組合法人南州農場(指定番号-豚49号) 高野 晃一

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → バター・脱脂粉乳の安定供給へ早めの対応 不足基調強く、輸入物売渡は高値落札続く

食   肉 → 供給ひっ迫の牛肉、全面高の展開予想 国産豚の根強い需要が続き堅調な豚価

鶏   卵 → 生産調整明け産卵復帰本格化等で生産量増傾向も 相場は需給の緩みを背景に弱含みに転じる展開か

■トピックス・お知らせ■
宮ア昭・京都大学名誉教授が京都府特別功労賞

自動脱骨ロボットなど研究成果を発表―食肉生産技術開発センター

「ミルク1万年の会」を立ち上げ―〜平田昌弘・帯畜大准教授を交えて〜

「焼肉ビジネスフェア2015」開催―熟成牛・豚肉と馬肉がトレンド商品―

平成26年度日本獣医師会「獣医学術学会年次大会」岡山で開催―農場HACCPのシンポジウムも行われる―

A-FIVEトピックス A-FIVEが畜産関係4案件に出資
―乗馬等、和牛肉の加工販売、蜂蜜等の生産加工、プラセンタ等の販売―

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

※平成26年4月1日から消費税8%を適用した価格でのご請求となります。

 1部  
 本体 900円+税+送料102円
6ヶ月 
 本体 5,400円+税+送料612円
年間  
 本体 10,800円+税+送料1,224円
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら