畜産コンサルタント6月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
牧場主の夢のかたちが、今では30人の地元雇用を行う優良企業に
―級チ藤牧場(埼玉県・日高市)の取り組み― 編集部

国内外の肉料理を集めたフードイベント「肉フェス」開催
―連休中の5日間で30万人集客― 編集部

■巻頭コラム■
食料自給率向上と飼料用米 麻田 信二

■特集■
飼料用米のさらなる利用拡大に向けて
―水田の有効利用による飼料自給率向上と高付加価値化―

◇水田を活用した飼料作物(飼料用米・イネWCS)利用の定着条件
―生産・利用がバランスよく拡大することが不可欠― 吉田 宣夫

◇飼料用米の生産・利用の拡大に向けた取り組み
―助成方法の変更と流通・供給体制の整備― 田中 誠也

◇飼料用米とその他の水田作物の相対収益性
―飼料用米生産は高収益期待できるも転作補助などの問題も― 藤野 信之

◇飼料用米生産・流通の仕組みとさらなる利用拡大について
―全農グループの取り組み― 前田 勝也

◇国産飼料用米利用推進のために
―協同組合日本飼料工業会の取り組み― 加藤 和裕

◇国産飼料用米で育てた畜産物に高い期待
―平成25年度下半期消費者動向調査より― 大竹 匡巳

◇地域に根差した持続的な飼料用米の生産・利用と付加価値創造へ
―潜在可能性を秘める飼料用米の活用― 鈴木 明久

◇飼料用米給与でさらにおいしい豚肉づくりへ
―TOKYO X-Associationの高付加価値化の取り組み― TOKYO X-Association

◇耕畜連携による飼料用米生産で地域循環を実現
―鰹H川牧園の取り組み― 秋川 実

◇「日本型循環畜産の推進」をテーマに飼料用米の取り組み報告
―超多収穫米普及連絡会が交流集会を開催― 編集部

◇飼料用米を活用した乳牛向けペレットの開発
―配合飼料の代替から畜産物の機能性向上、ブランド化へ― 田川 伸一

◇飼料用玄米とカンショ焼酎粕濃縮液を用いた発酵TMRによる肥育技術
―肉用牛肥育における飼料用米活用に向けた試験結果の概要― 神谷 充

■行政の窓■
豚流行性下痢(PED)流行拡大に伴う経営支援策と衛生管理の再徹底について

■畜産データボックス■
『平成25年産飼料作物の収穫量』と『平成25年耕地および作付面積統計』
―飼料用作物作付(栽培)面積と収穫量― 編集部

■女性の視点■
格付けを通して少しでも畜産振興に役立ちたい 石川 悠未

■地域発!畜産ほっと情報■
沖縄・八重山地域の牛肉流通拠点、新八重山食肉センターが稼働開始 編集部

■中央畜産会からのお知らせ■
生産性向上設備投資促進税制にかかる先端設備の仕様等証明業務を開始

■海外事情■
ニューヨークの食肉(牛肉)事情 第3回
和牛の香り漂うマンハッタン(下)―セル・ザ・ストーリー、セル・ザ・イメージ― 西山 和宏

■農場H A C C P 推進農場■
指定農場の取り組み34 有限会社福岡ファーム 手嶋 敦司

■小谷あゆみの“ おいしい” にはワケがある■
第67回 大手町の証券マンに人気のヘルシー和牛―14種類のハーブを与えた漢方和牛―

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → 生乳生産増えず、乳製品在庫は最低水準 先行き不安から輸入対応への要望強まる

食   肉 → 牛枝肉はスソ物中心に強気の市況展開か 肉豚出荷先細り感強く、瞬間的に700円も

鶏   卵 → 大型連休での滞貨玉の発生で全面安に 好材料は乏しく当面は弱含みの展開か

■トピックス・お知らせ■
TOKYO X アソシエーション26年度総会および消費者交流会を開催

TPP交渉の情報開示などを求める緊急国民集会が開催

全国肉牛事業協同組合 創立25周年記念行事を開催

日本ジビエ振興協議会ジビエ研修会が開催―今秋にも衛生管理指針策定へ―

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

※平成26年4月1日から消費税8%を適用した価格でのご請求となります。

 1部  
 本体 900円+税+送料102円
6ヶ月 
 本体 5,400円+税+送料612円
年間  
 本体 10,800円+税+送料1,224円
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら