畜産コンサルタント1月号
 

バックナンバーはこちら

■年頭所感■
虎のように力づよく歩む1年に
(社)中央畜産会 会長 小里 貞利

■新春特別企画■
夢と希望、魅力ある畜産経営

新春座談会
一柳 憲隆・坂上 下山 一郎相馬 義樹橋本 晋栄菱沼 毅

「畜産」日本農業再生の旗手たれ― 統計情報からみる畜産の現状
編 集 部

〈新規就農支援事例@〉
畜産分野における新規就農希望者の動向と新規就農相談センターの取り組み
堀部 

〈新規就農支援事例A〉
あなたの夢を応援します!「岡山で和牛を飼ってみませんか?」
― 岡山県における肉用牛繁殖経営への就農支援 ―
築山 伴文

〈新規就農支援事例B〉
地域で取り組む酪農後継者の育成
― 新規就農者支援組織「R&Rおんねない」の取り組み ―
服部 

〈新規就農支援事例C〉
肉牛産地を目指した繁殖基盤づくり
― 産地を支える重要な人的資源を積極的に受け入れ ―
谷山 恵介

〈就農後の支援事例@〉
担い手をサポートするための畜産協会組織の取り組み
― 情報提供、よろず相談、経営診断…多くの支援メニューを用意
砺波 謙吏

〈就農後の支援事例A〉
八幡平ファームの実績に偶然はない ― 高い技術成績を生み出す職員教育
大泉 俊昭

〈就農後の支援事例B〉
若い力で取り組む和牛の改良と生産振興 ― 飛騨牛にかかわる若者が集結し活動
池田 友樹

〈就農後の支援事例C〉
ぐるなびプロダクトアウトコミュニケーションはじまる。
― 生産者と飲食店、消費者をつなぐマーケティング支援
松井 

■全国畜産縦断いきいきネットワーク■
東京・神奈川で若手後継者育成研修会を開催しました

■女性の視点■
酪農に生きて
鳩野トミ子

トピックス
“女性の女性による女性のための”地域ブランド和牛共励会
― 兵庫県加古川食肉市場で黒田庄和牛婦人部が開催
編 集 部

現場発!畜産ほっと情報■
「畜産物を食べよう、話そう、知ろう」千葉県畜産フェア開催
前之園孝光

産地等銘柄(ブランド)牛肉の現状と課題■
消費サイドとの固い絆とチームワークで結ばれた乳雄肥育「北見牛」
長澤 真史
「小川原湖牛」ブランドの牛肉生産体制の形成とその特徴
早川 

■グラビア■
平成21年度 農林水産祭式典挙行される
編 集 部

■海外事情■
ドイツの最新酪農事情A 乳は自然からの貴重な贈りもの
― 消費量は日本の10倍、世界有数のチーズ消費国 ―
菱沼 

■獣医師のち肉牛繁殖経営ときどき草刈隊 ― 中村陽二のマルチな業務日誌 ―■
第7回 アニマルウェルフェアと私の牛飼い
中村 陽二

■Case Study“飼料自給力”アップ■
日本暖地畜産学会長崎大会で「放牧」をテーマにシンポジウムが開かれる
石崎 彰徳

(独)家畜改良センターニュース Vol. 55
2010年2月、乳用牛の遺伝的能力評価が新しくなります

■中央畜産会の業務■
動産担保融資(ABL:アセット・ベースド・レンディング)とは
畜産経営改善支援・体制整備事業(動産担保融資活用体制整備事業)の業務内容
伊藤 好胤

■小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第19回 地場産応援「緑提灯」2500店舗達成!エサも国産「やまと豚米らぶ」

■畜産物の市況展望■

酪農
 ・
乳業

乳製品市況の回復で期待される
北海道の需給改善、チーズ増産が頼み
食肉
年末の牛枝肉相場好調も1月は下落必至
豚肉は自力回復できず調整保管は継続
鶏卵
餌付け羽数減少の動き進まず、サイズは大玉傾向が顕著
家庭内調理の増加、季節需要の高まりに期待

トピックス / 平成21年度JRA畜産振興事業に関する調査研究発表会 / ナイスポークチバ推進協議会が報告会開催― 千葉県産豚肉PR活動にまい進 ― / 酪農ヘルパー利用組合 事業の多角化、広域化、合併を模索 / 「放牧の新たな展開に向けて」をテーマに議論 / 日本SPF豚協会設立40周年記念セミナー開催される

お知らせ / 第12回全国学校飼育動物研究大会開催のお知らせ

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

 1部  
 定価 735円(税込み)+送料 84円
6ヶ月 
 4,914円(送料込み)
年間  
 9,828円(送料込み)
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら