畜産コンサルタント2月号
 

■グラビア■
◇家族で支える地域内一貫経営
−肉用牛生産がら加工・販売までを実現するイケダファーム−
編集部

◇家族みんなでつくる愛情のこもった「夢味ポーク」
−生産がら加工・販売までとこトンこだわる中野目畜産−
編集部

■巻頭コラム■
◇国際化の時代の畜産行政
本川 一善

■特 集■
畜産におけるJAS規格への取り組み
−生産・流通・消費者が「JAS」に求めるもの−

◇JAS規格の概要と改正のポイント
−畜産物生産に関するJAS規格を中心に−
山口 昌彦

◇生産流通サイドがらみた生産情報公表JAS規格の取り組み状況と課題
−十和田湖高原ポークを事例として−
工藤 裕治

◇消費者がJAS規格へ求めるもの
−消費者の知りたい情報の公開進む−
日和佐 信子

◇地鶏肉JASへの取り組み
−本物志向・高付加価値指向に応える奥美濃古地鶏−
渡辺 健次

◇日本初の有機JAS規格認定オーガニック牛乳を生産
−北海道津別町有機酪農研究会の挑戦−
斉藤 裕基

◇生産〜パックセンター部門まで、生産情報公表豚肉JAS一貫取得
−那覇ミート・日清丸紅飼料 両社連携による取り組み−
森下 彦太・日高 秀造

◇(株)なかやま牧場における生産情報公表牛肉JASの取り組み
−安くておいしく安全な牛肉を届けるために−
大森 正樹

◇特定JASで付加価値の向上と消費者に安心を
−登録認定機関の業務を開始−
(社)中央畜産会

■女性の視点■
次世代へかける夢
川名 
初江

■全国畜産縦断いきいきネットワーク■
第4回世話人会を開催
事務局

■家畜衛生特報■
宮崎県で高病原性鳥インフルエンザ発生

■法人経営へのチャレンジ
−畜産法人にとっての新会社法への対応−

第10回 合同会社の設立支援事例
山崎 政行

■トピックス■
動産担保等を活用した畜産経営における新たな資金調達方法の検討
両角 和夫

■家畜改良センターニュース■
肉用牛枝肉情報全国データベースの情報をうまく活用しましょう

■海外事情■
国際的な動物疾病管理のための枠組みの整備が必要
上林 篤幸

■Dr.オッシーの意外と知らない畜産のはなし■
第53回 イノシシのあれこれ@
押田 敏雄

■畜産!特産!ごちそう産!!■
2月の放送予定「伊豆沼農産」

 

■畜産物の市況展望■

酪農
 ・
乳業

脱粉、バターの弱含み続く年末、
年始は予想外の余乳
食肉
牛肉は不需要期だが出荷動向で左右
冷凍品在庫薄で豚価はジリ高の推移
鶏卵
産卵復帰始まり、生産量は徐々に上向き
期待したい冬季ならではの堅調な荷動き

お知らせ/地域担い手育成研修会開催のお知らせ/「どうすればいいの?私たちの食育活動・消費者交流」開催のご案内/中央畜産情報資料センターへの書籍等の寄贈のお願い

トピックス/カネコ種苗の総合卸見本市「ガーデン&アグリフェア2007」開かれる/エコフィード飼料給与豚肉の試食検討会を開催

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

 

ご注文については、こちらをご覧下さい。

刊行図書のご案内に戻る