自己診断・経営予測システムホームページ >> 比較値データの反映方法

 
比較値データの反映方法

 比較値データをシステムに反映するには、以下の手順でおこなってください。

 

1.ファイル名の変更
  各部門の比較値ファイルは以下のように決められています。比較値ファイルの名前を以下のファイル名に変更後、自己診断システムのインストールフォルダへコピーして自己診断・経営予測システムを再起動することで反映されます。

・酪農部門 hikuraku.csv
・肉用牛繁殖 hikuniku1.csv
・肉用牛肥育 hikuniku2.csv
・養豚一貫 hikubuta.csv
・採卵鶏 hikuran.csv
・肉用鶏(ブロイラー)  hikubro.csv
  

2.インストールフォルダ
  インストールフォルダとは「自己診断システム」がインストールされているフォルダです、システムのインストール時に表示されます。
  ※[変更(C)]ボタンでインストール先を初期値から変更した場合は、変更したフォルダとなります。
  下図のインストールを行った場合、自己診断システムはC:\Program Files\Dairyフォルダへインストールされます。作成した酪農部門比較値ファイル名を[hikuraku.csv]へ変更し、C:\Program Files\Dairyフォルダーへ上書きコピーすることでシステムに反映されます。

 

[最新の比較値データダウンロードページへ][自己診断・経営予測システムホームページへ]

[[中央畜産会ホームページへ]]