中小企業等経営強化法の経営力向上設備等仕様等証明(実施要領の一部改正)

2019/04/01

bubble-chat 中小企業等経営強化法の内容
生産性を向上させる取組を計画した中小企業・小規模事業者等を積極的に支援することを目的に平成28年7月1日に中小企業等経営強化法が施行されました。経営力向上計画の認定を受けた中小企業等事業者が様々な支援措置を受けられるものです。その支援の一環として、新たな機械装置の投資に係る固定資産税の特例があります。
詳しくは、中小企業庁のHPlinkをご覧ください。

bubble-chat 中小企業等経営強化法の経営力向上設備等の仕様等証明業務(中央畜産会)
 固定資産税の特例を受ける場合には、経営力向上設備等に係る仕様等証明を受ける必要があります。
 中央畜産会は、当該証明書の発行団体となっております。
 対象となる機械及び装置、証明書発行申請手続き等については以下の実施要領及び申請様式(設備メーカーが記入)をご確認ください。
また、証明書の発行には以下のとおり手数料がかかります。

 location 施設・機械部会員 :2,000円/枚(消費税抜き)
 location その他 :6,000円/枚(消費税抜き)
※平成31年4月1日付でその他 :3,500円/枚(消費税抜き)から6,000円/枚(消費税抜き)に改正

 ・仕様等証明業務実施要領pdf ※2019.4.1更新
 ・仕様証明書申請様式1word※2018.9.10更新
 ・チェックリスト申請様式2excel

《このページに関するお問い合わせ先》
公益社団法人中央畜産会
経営支援部(支援・調査)前原
TEL:03-6206-0843
Mail:shiendm