畜産経営の新たな資金調達の現状と課題
 

 


 

○主な内容
T章 経営における資金調達方法に対する現状認識と課題
  1.畜産経営における資金調達をめぐる動向
  2.国内金融機関等からのヒアリングの状況
  3.畜産事業団体等からのヒアリングの状況
  4.米国における動産担保融資の状況
  5.畜産金融に関連する各種制度の現状と課題

U章 新たな資金調達方法について
  1.動産担保融資、売掛債権担保融資について
  2.スコアリング融資について
  3.動産、売掛債権等の証券化について
  4.アグリファンド、エコ・ファンド
  5.私募債発行等による市場からの資金調達

V章 これからの畜産経営の対応と今後の課題
  1.新たな資金調達先についての留意点
  2.新たな資金調達方法に向けた課題
  3.今後の対応方向

参考資料
  T.農業動産信用法の活用について
  U.動産担保融資を利用する場合の利用契約書上の権利義務等
  V.米国金融事情調査報告書
  W.国内現地調査結果概要


A4判 116頁
 
本体2,857円(税・送料別)

ご注文については、こちらをご覧下さい。


 
 
 
 

 

刊行図書のご案内に戻る