畜産会経営情報

 

TOPに戻る

平成26年度

発行年月日 主な内容 筆者 PDF
304
平成27年3月15日
@セミナー生産技術
  牛舎内環境の改善点を見けるためには
   〜第1回牛を視ることが環境の改善点を見つける大切な手段〜
中田 健

(1.93MB)
Aおらが故郷の経営自慢
  消費者ニーズを重視した種豚改良と、そこから派生した六次化への取り組み
   ―巨ッ種豚場(栃木県珂川町)―
小礒 孝
Bセミナー生産技術
  暑熱時の繁殖改善に受精卵移植は有効か?(上)
濱野 晴三
C(独)農畜産業振興機構からのお知らせ
  肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価(概算払)について
D行政の窓
  口蹄疫等の発生予防対策の徹底について
(公社)中央畜産会
Eあいであ&アイデア
  牛舎に手作り噴霧器設置――消毒と暑熱対策を同時に
尾田 尚登
303
平成27年2月15日
@セミナー経営技術
  畜特推進指導事業における月次モニタリング手法の導入について
水野 希海

(1.41MB)
Aおらが故郷の経営自慢
  「安全と安心を届ける新ブランド豚肉で町おこし」
   ―大利根の大地が育んだ豚「東の匠SPF豚」―東の匠SPF豚研究会(千葉県香取郡東庄町)
山田 哲郎
Bセミナー経営技術
  平成26年度酪農生産基盤維持緊急支援事業
   新規就農者・後継者層のネットワーク構築のための交流会
(公社)中央畜産会
Cお知らせ
  各種補填金・交付金単価の公表について
Dあいであ&アイデア
  牛舎に無線監視カメラ――飼養管理の負担を軽減
細谷 賢二
302
平成27年1月15日
@畜産学習室
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その10)
   牛の感染症に対する取り組み方〜地域による相違点〜
菊 佳男

(1.94MB)
Aおらが故郷の経営自慢
  考える酪農を実践する
   丸尾建城さん(兵庫県赤穂市・丸尾牧場)
(一社)中央酪農会議
Bお知らせ
  先端設備を導入したら「生産性向上設備投資促進税制」の活用を
(公社)中央畜産会
C(独)農畜産業振興機構からのお知らせ
  肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価(概算払)について
Dあいであ&アイデア
  飼料畑を守れ! 創意工夫で捕獲率アップ
  狩猟用くくりわな
中野 昭知
301
平成26年12月15日
@おらが故郷の経営自慢
  飼養管理技術の確立と資源循環型畜産への取り組み
   佐藤匠さん(肉用牛繁殖経営・秋田県大仙市)
堀江 正秋

(1.46MB)
A畜産学習室
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その9)
   ―牛の感染症に対する取り組み方―
菊 佳男
B行政の窓
  豚流行性下痢(PED)防疫マニュアルの概要について
大倉 達洋
C(独)農畜産業振興機構からのお知らせ
  肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価(概算払)について
Dあいであ&アイデア
  臼井さん家の発明品第3弾
  改良型「フットリフトU」
原 健治
300
平成26年11月15日
@セミナー経営技術
  畜産特別資金を活用した畜産経営の課題の早期発見と早期改善
牧野 大地

(2.6MB)
Aおらが故郷の経営自慢
  地域資源を最大限生かして安定した経営を実現した家族経営
   佐藤宏弥さん・博子さん(肉用牛一貫経営・茨城県常総市)
甲斐 良輝
B畜産学習室
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その8)
   ― 子牛の呼吸器病の予防と対策(2) ―
佐藤礼一郎
Cお知らせ
  各種補填金・交付金単価の公表について
Dあいであ&アイデア
  バインダーにバケット取り付け
   ― 除雪と整地が楽々―
黒田 啓
299
平成26年10月15日
@おらが故郷の経営自慢
  引き継がれていくことを願って
   ―柴田瑞穂さん(酪農経営)の経営概要―
奈良 明弘

(2.13MB)
A畜産学習室
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その7)
   ―子牛の呼吸器病の予防と対策(1)―
佐藤礼一郎
Bセミナー生産技術
  給餌管理から見た繁殖母豚の管理ポイント(下)
加藤 仁
C中央畜産会からのお知らせ
  「平成26年度全国優良畜産経営管理技術発表会」開催のお知らせ
D(独)農畜産業振興機構からのお知らせ
  肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価(概算払)について
Eあいであ&アイデア
  スタンチョンの自動開放装置を自作
   ―タイマーを活用した作業の効率化―
畠中 憲夫
298
平成26年9月15日
@セミナー経営技術
  畜産特別資金の指導状況と課題の検討A
   ―平成26年度畜産特別資金等借受者指導に係るブロック会議(九州・沖縄)―
(公社)中央畜産会

(1.74MB)
A畜産学習室
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その6)
   ―炎症性子宮疾患の診断および治療に対する獣医師の特長―
大滝 忠利
Bセミナー生産技術
  給餌管理から見た繁殖母豚の管理ポイント(上)
加藤 仁
C(独)農畜産業振興機構からのお知らせ
  肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価(概算払)について
D行政の窓
  設備投資の優遇税制の活用に当たって生産者が行うこと
   ―生産性向上設備投資促進税制―
(公社)中央畜産会
297
平成26年8月15日
@セミナー経営技術
  畜産特別資金の指導状況と課題の検討@
   ―平成26年度畜産特別資金等借受者指導に係るブロック会議(北海道・東北)から―
公益社団法人中央畜産会

(1.8MB)
A畜産学習室
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その5)
   ―炎症性子宮疾患に対する取り組み方―
大滝 忠利
Bセミナー生産技術
  冬季の防寒対策・害虫の駆除・ストレスの少ない飼養管理
   乳用種肉用子牛飼養管理技術マニュアルより(最終回)
公益社団法人中央畜産会
Cお知らせ
  各種補填金・交付金単価の公表について
Dあいであ&アイデア
  人工授精や治療にも便利! 簡易に移動できる牛用保定枠
入田 修平
296
平成26年7月15日
@畜産学習室
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その4)
  牛乳房炎対策の地域性〜北海道と都府県との比較〜
菊 佳男

(2.9MB)
Aセミナー生産技術
  正しい飼料給与の計測・防暑対策のポイント
   乳用種肉用子牛飼養管理技術マニュアルより
公益社団法人中央畜産会
B国税庁からのお知らせ
  白色申告の方の記帳・帳簿等の保存制度について
国税庁
C(独)農畜産業振興機構からのお知らせ
  肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価(概算)払いについて
Dあいであ&アイデア
  「ファンの清掃いつやるの? 梅雨でしょ」
  〜ファンの清掃による消費電力の削減効果〜
鍋西 久
295
平成26年6月15日
@セミナー経営技術
  平成26年度畜産特別資金融通事業の実施と指導方針および重点事項
公益社団法人中央畜産会

(1.64MB)
A畜産学習室
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その3)
   ―牛乳房炎の取り組み方と全国アンケート結果―
菊 佳男
Bセミナー生産技術
  粗飼料の品質と肉用牛の摂取量・牛の月齢にあわせた腹づくり
   乳用種肉用子牛飼養管理技術マニュアルより
公益社団法人中央畜産会
Cお知らせ
  生産性向上設備投資促進税制に係る先端設備の仕様等証明業務を開始
公益社団法人中央畜産会
D(独)農畜産業振興機構からのお知らせ
  肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価(概算払)について
Eあいであ&アイデア
  既存の穀物用施設を活用した籾米サイレージ調製技術(その4)
  −フレコンバックを活用し貯蔵コストを30%低減−
井上 秀彦
294
平成26年5月15日
@畜産学習室
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その2)
   ―子牛の下痢症に対する取り組み方―
菊 佳男

(1.62MB)
Aセミナー生産技術
  4〜10ヵ月齢の腹づくりにおける勘違い・間違いと育成期における粗飼料給与の重要性
   乳用種肉用子牛飼養管理技術マニュアルより
公益社団法人中央畜産会
Bおしらせ
  国産粗飼料の生産と利用拡大に向けて都府県酪農経営国産粗飼料利用体制強化事業が始まります
公益社団法人中央畜産会
C行政の窓
  豚流行性下痢(PED)流行拡大に伴う対策について
編集部
Dおしらせ
  各種補填金・交付金単価の公表について
Eあいであ&アイデア
  既存の穀物用施設を活用した籾米サイレージ調製技術(その3)
  フレコンバックを活用し貯蔵コストを30%低減−
井上 秀彦
293
平成26年4月15日
@明日への息吹
  生産現場において日常的に遭遇する感染症の問題と対策(その1)
   ―感染症と防疫対策―
菊 佳男

(2.32MB)
A畜産学習室
  苦農から酪農(楽農)への道のり
   ―負債額1億円からゼロ、そして農林水産大臣賞を受賞するまでの経緯―
坂本 秀文
Bセミナー生産技術
  4〜10ヵ月齢における腹づくりと腹づくりにおける勘違い、間違い
   乳用種肉用子牛飼養管理技術マニュアルより
公益社団法人中央畜産会
C(独)農畜産業振興機構からのお知らせ
  肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価について
Dあいであ&アイデア
  既存の穀物用施設を活用したモミ米サイレージ調製技術(その2)
  −原料モミ米の荷受けとプレスパンダーへの投入について−
井上 秀彦

 

TOPに戻る

畜産会経営情報に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。

全ての著作権は著者に帰属します。

なお、引用の際には必ず、著者もしくは中央畜産会までご一報ください。