畜産豆知識

元利均等返済と元金均等返済

 

 借入金の返済方法に「元利均等返済」と「元金均等返済」がありますが、借入金の契約の際、両者の違いを十分考慮しないで契約を結ぶケースがあるようです。そこで今回は、「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いについて述べます。話を単純にするため、「元利均等返済」と「元金均等返済」とも年利6%で1000万円の借入を行い10年で返済する例を考えてみます。

「元利均等返済」

 借入金の最もポピュラーな返済方法です。毎回の返済額が均等になるよう元金部分と利息部分が組み合わされており、元金部分は利息の減少に従って増加していきます。これをイメージで表すと図−1のようになりますが、いくらの元金にすれば返済金額を均等にできるかが問題となります。関数電卓やコンピューターを利用すれば公式から簡単に算出できますが、一般の借入者にとってはわかりにくいものです。

 計算した結果を表−1に示しました。1年目の利息は60万円で、元金の75万8679円を合計して135万8679円を返済することになります。2年目は1年目の返済後の残高924万1321円の6%の利息55万4479円と元金80万4200円を合計してやはり135万8679円を返済することになります。

 

 このように返済していくと10年後には借入金残高はゼロとなり、返済総額は1358万6790円(135万8679円×10年)になります。

 実際の返済方法は毎月払いが一般的ですから、年利6%であっても月利0.5%で計算します。その結果、年利で計算したものと比較すると年約6.11%の実質利回りとなりますので注意が必要です。


「元金均等返済」

 元金部分は返済回数による均等額を支払い、利息部分はその元金残高による利率(毎月払いは月利、ボーナス払いは半年賦利率)を乗じて算出し、その合計額を毎月の返済額とする返済方法です。これをイメージで表すと図−2のようになります。借入金残高の減少にともない利息部分は減少しますが、元金部分は均等(一定額)に返済しています。

 計算した結果表−2に示しました。これと表−1を比べると、元利均等返済に比べて元金均等返済は当初の返済額が多くなりますが、返済総額では少なくなることが分かります。これは、元金部分の減少が元利均等返済に比べて早いため利息部分が全体として少なくなるためです。

 しかし、元金部分の減少が早いということは当初の返済額が多いということで、そのため初期の負担が重くなることから借りにくいという欠点もみられます。また、元金均等返済の元金残高は算出しやすいという利点があります。なお、年利6%で10年間・年1回の返済を行うと年間の平均返済額は133万円ですので、平均利回りは5.55%になります。その点、元利均等返済では6%ですから、2つの例示でみる限りでは元金均等返済のほうが得になります。

 


畜産豆知識【総目次】に戻る