中央畜産会刊行図書のご案内  
 

●月刊誌

○畜産コンサルタント

創刊以来40年以上、畜産総合誌として数々の話題、問題の提起をしてきました。経営、技術、流通、時事など、 毎号特集を組み問題点の掘下げと追求を行い豊かな内容とわかりやすい情報を提供しています。

詳細は、こちらをご覧下さい

図書のご注文については、こちらをご覧下さい

●刊行図書

〇‐必読‐よくわかる「よりよい消毒」

 本書は、国内外の豊富な科学的研究の成果に基づき、消毒の基本的な考え方をはじめ、場所や物に合わせた具体的かつ適切な消毒の実施方法について解説している。
 農場での消毒にあたり責任を持って実施する立場にある飼養衛生管理者の方々をはじめ、農場の指導にあたる獣医師、畜産技術者の方々に広くお読みいただき、国内の飼養衛生管理水準の向上、家畜疾病のまん延防止、畜産物の安全性の向上につなげていただきたい。

詳細は、こちらをご覧下さい

〇畜産経営者のための青色申告の手引き
 −令和3年分確定申告対応−

 畜産経営の発展を図るためには、記帳に基づく経営管理の一層の改善および合理化が求められます。
 本書は、平成15 年版以降改訂を重ね、今般見直しを行った改訂版で、消費税インボイス制度をはじめ、各種奨励金・補てん金、肉用牛免税等優遇税制や共済金・共済掛金等の経理処理といった最新の事業制度にも対応。畜産経営者・経営指導者必携の一冊です。

詳細は、こちらをご覧下さい

〇畜産施設機械ガイドブック2021

わが国の畜産経営の発展は、畜産施設・機械メーカーによる技術革新が生産性を向上させ、労働力の負担軽減、規模拡大、生産物のコスト低減に貢献してきました。今後も先進的は施設・機械に係わる情報の重要性が増していることから、中央畜産会の賛助会員である施設・機械部会会員および掲載を希望した畜産施設・機械メーカー81社の協力を得て全面的な改訂を行いました。「飼料用」、「牛用」、「豚用」、「家きん用」、「畜産環境・衛生対策用」、「畜舎・資材・ICT関連」の章ごとに機械の用途、区分と分類を設けて整理して収録しました。経営形態、目的、地域環境を踏まえた畜産施設・機械の導入を行う上で、大いに参考となる一冊です。

詳細は、こちらをご覧下さい

〇農場HACCP様式集−令和3年度版−

家畜伝染病の予防と畜産物の安全の確保は、畜産物の生産を行う上で極めて重要な課題です。
中央畜産会は、農場HACCP に取り組む関係者の養成を図るため、農場での構築指導を担う農業指導員を養成する農場指導員養成研修を実施し、令和3年3月までの受講者は3649 名となっています。
また、令和3年6月時点では403 農場が農場HACCP 認証を取得しており、これまでの認証取得支援および認証審査を通じて多くのノウハウが蓄積されてきました。
そして今般、飼養衛生管理基準の改正やこれまでに蓄積されたノウハウを通じ、農場HACCP の文書・記録に関する様式集を改訂しました。本書は、これから農場HACCP の構築を目指す畜産農場等関係者の皆さまの参考としてご活用いただける1冊です。

○日本飼養標準シリーズ−農林水産省農林水産技術会議事務局編−

家畜を飼うなら、その大きなよりどころとなるのが飼養標準であることはご存知のとおりです。飼養標準は家畜改良の進展、飼養条件の変更にともなって改訂がなされてきました。本シリーズは最近の知見を折り込んだ最新版です。
「成分表2011年版」「乳牛2017年版」「肉用牛2008年版」「豚2013年版」「家きん2011年版」があります。

詳細は、こちらをご覧下さい

○2022年用 畜産手帳

2022年用の畜産手帳好評発売中です!
今回も、畜産関係各種統計等の最新データを掲載しています。
是非、毎日の経営にお役立てください。

詳細は、こちらをご覧下さい

○お肉屋さんがおすすめする全国和牛レシピ50

 本書は日本全国の食肉小売店で組織する全国食肉事業協同組合連合会の協力を得て、全国各地で考案された500を超えるレシピの中から、食や和牛に関する専門家が、おいしさや普及性という観点から厳選した50のレシピを収録しています。普段づかいの家庭料理から、ホームパーティでのおもてなし料理まで、さまざまなシーンで食卓を彩るオリジナリティあふれるレシピ集となっています。

詳細は、こちらをご覧下さい
図書のご注文については、こちらをご覧下さい