畜産コンサルタント2月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
日本畜産物輸出促進協議会が香港フードフェスティバルに出展
―「オールジャパン・オール畜産」で初の輸出促進PRセミナーを実施― 編集部

地域内で完結できる畜産経営を目指す且O重加藤牧場
―地域資源のフル活用で低コスト肉用牛一貫経営を実現― 編集部

福島肉牛共励会で最優秀賞受賞の和牛肉を販売
―JA全中の「みんなのよい食フェア」の一環で―

■巻頭コラム■
国際市場で戦う強い農畜産業の確立のために 鹿間 千尋

■特   集■
飼料コストを下げるための取り組み
―国産飼料原料の可能性と普及のための課題―

◇座談会 改めて家畜飼料を考える
     臼井 節雄・松永 和平・石澤 直士・橋本 友厚・鹿間 千尋・菱沼 毅

◇国産濃厚飼料の活用に向けて
 ―農林水産省が実施する飼料関係事業・施策について―< 富田 育稔

◇飼料コスト(生産・流通コスト)の比較と価格形成の要因
 ―飼料用米、稲WCS、配合飼料のコスト比較から― 吉田 宣夫

◇自給飼料を用いた生乳の差別化
 ―飼料用米、エコフィードを含む自給飼料が乳質に与える影響― 八代田 真人

◇エコフィードによる生産性、畜産物品質の向上
 ―飼料コストの低減のほか付加価値を期待する事例も― 高橋 慶

◇エサから考える高品質・おいしい豚肉生産
 ―豚肉勉強会の講演内容から― 岩本 嘉之

■食肉研究者の暮らしから見えるフランスの畜産・畜産物■
A赤ら顔のシャロレーもいた「畜産サミット」 本山 三知代

■女性の視点■
自然の恵みを享受できる生活の喜び 福元 奈津

■地域発!畜産ほっと情報■
除草と心の復興のための竹柵ヒツジ放牧 吉原 佑、笠田 一成、原田 勝成

■海外事情■
ドイツにおける高級牛肉流通・販売状況等把握調査より(上)
ドイツの牛肉流通・販売状況と牛肉需要のトレンド 工藤 花野

■畜産本棚―こんな本・あんな本―■
『牛群検定クイックチェック〜早わかり〜』 相原 光夫

■農場HACCP 推進農場■
指定農場の取り組み54 JAえひめフレッシュフーズ株式会社菅沢育成場(指定番号―鶏34) 西山 大貴

■小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第85回 純国産を追求する究極のたまご ―インバウンドとたまごかけご飯―

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → 国内生産増加基調で久々に静かな年明け需給 年度末在庫はバター、脱脂粉乳ともに前年増

食   肉 → 牛肉供給少なく異例の高値 豚肉は在庫多く弱もちあいの展開

鶏   卵 → 寒冷な季節下で生産量は増加 平成27年相場は昨年以上の高水準

■トピックス・お知らせ■
日本大学が国際地域研究所の創設30周年を記念してシンポジウムを開催

焼肉ビジネスフェア2016開催―トレンドの熟成肉関連品が数多く出展―

A-FIVEトピックス 「自ら作って自ら売る」を具体化する……
         ―生産・販売の一貫体制の構築で牛肉活用を目指す外食プロジェクト―

―安全・安心で持続可能な日本産農林水畜産物の活用推進に向けて―
2020年東京オリンピックの農林水畜産物調達への提言
中央畜産会、大日本水産会など一次産業7団体が協議会を設立

第41回メディアミルクセミナー開催 「日本人の栄養と牛乳・乳製品」をテーマに

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

※平成26年4月1日から消費税8%を適用した価格でのご請求となります。

 1部  
 本体 900円+税+送料102円
6ヶ月 
 本体 5,400円+税+送料612円
年間  
 本体 10,800円+税+送料1,224円
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら