畜産コンサルタント9月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
多様なチャネルを有効活用し都市との共栄をはかる
―牧場まるごと高付加価値化に取り組む磯沼ミルクファーム― 編集部

メキシコ(メキシコシティ市)で開催された和牛セミナーで関係者らとともに日本産和牛をPR 編集部

■巻頭コラム■
わが国の肉用牛生産の行方 入江 正和

■特集■
畜産経営における臭気対策
―技術的な解決策と地域対応―

◇畜産におけるこれからの脱臭技術の考え方
―わが国の畜産に適した臭気対策を― 道宗 直昭

◇畜産経営における臭気対策の重要性
―畜産経営に起因する苦情発生状況調査から― 和田 剛

◇畜産現場における臭気問題の考え方と対策
―日本型悪臭防止最適管理方法(BMP)の策定・普及へ― 羽賀 清典

◇米国におけるベスト・マネジメント・プラクテイス(BMP=最適管理手法)を取り入れた畜産臭気軽減対策
―その考え方と各BMPの概要― 木下 良智

◇可視化により臭気発生場所を特定し、臭気対策の技術確立に向けた取り組み
―養豚経営における季節ごとの臭気指数実態調査の概要― 前田 綾子

◇バイオフィルターシステムによる臭気低減効果
―生物膜に臭気成分と粉じんを吸着させ硝化― 泉 稔久

◇環境改善目指して開発した次世代閉鎖型牛舎
―独自換気システムの採用で臭気拡散の抑制も― 森田 一弘

◇苦情発生時に市町村段階で環境保全推進協議会開催、関係機関の連携で早期解決に向けた体制を整備
―福岡県における畜産環境対策の取り組み― 木村 伸二

◇飼料給与の工夫による臭気対策
―悪臭など環境負荷物質の出にくい飼料― 杉中 求

■女性の視点■
まだまだ面白い、たくさんの課題! 松下 久美子

■行政の窓■
特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)が成立
―制度の概要と特徴― 編集部

■特別企画■
消費者ニーズを取り込んだ特色ある畜産物が多数展示
―第9回「アグリフードEXPO東京2014」にみるマーケットインの取り組み― 編集部

■畜産データボックス■
『 平成25年度食料需給表(概算)』
―近年は生産額ベースの総合食料自給率と牛乳・乳製品の自給率が低下傾向― 編集部

■農場H A C C P 推進農場■
指定農場の取り組み  級i渕ファームリンク 永渕 政春

■小谷あゆみの“ おいしい” にはワケがある■
第70回 那須ブランド牛「那須和牛のステーキ丼」 ―地元産づくしのレストラン「なすとらん」―

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → 需給と乳価を反映、国内乳製品価格は上昇 国産離れに危機感、乳業者が追加輸入要請

食   肉 → 牛スソ物堅調ながら、上物は需要不振の厳しい展開 豚上物500円前半の予想、出荷いかんでは再急騰も

鶏   卵 → 需要の減退と生産卵重低下による小玉中心の軟調な動きから一転、旧盆時期の行楽帰省需要の好材料で相場展開は上伸基調へ

■トピックス・お知らせ■
肉用牛研究会創立50周年記念シンポジウムのご案内

A-FIVEトピックス 千葉のブランド豚「なでしこポーク」を使った外食事業への出資を決定

「国際養鶏養豚総合展2015」来年6月に名古屋市で開催決定、10月1日募集開始

「ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト」本選大会 優勝は鶏肉ハンバーグメインのレシピの須谷星凛さん

家畜と農地の管理研究会が2014年公開シンポジウム開催
―「福島第一原発事故 帰還困難区域で生きる牛が教えてくれるもの」をテーマに―

「家畜衛生フォーラム2014」開催のお知らせ

第43回全国酪農青年女性酪農発表大会開催される―酪農経営発表の部・最優秀賞は橋実さん(山形県)が受賞―

「第33回国際農業機械展in帯広」レポートA 高齢化に対応した省力化や衛生向上を目指した新しい資材・機器も出展

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

※平成26年4月1日から消費税8%を適用した価格でのご請求となります。

 1部  
 本体 900円+税+送料102円
6ヶ月 
 本体 5,400円+税+送料612円
年間  
 本体 10,800円+税+送料1,224円
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら