畜産コンサルタント4月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
「地域畜産再生フォーラム」開かれる
─事例から被災地の畜産業の復興に向けた課題を探る─  編集部

世界最大のオーガニック見本市「Bio Fach 2013」開催される
─特色ある有機畜産物も多数展示─  編集部

福島県内のこだわり畜産物を試食・販売
「食べて応援しよう!東日本大震災復興支援畜産フェアinこおりやま」  編集部

■巻頭コラム■
“世界の乳の祭典”IDFワールド・デイリー・サミット2013の開催に当たって  海野 研一

■特集■
東日本被災地域の畜産再生に向けた取り組み
─明日への道標「地域畜産再生フォーラム」から─

◇基調報告/災害発生時に畜産経営が直面した課題と今後に向けて
―大きな被害と広範囲に影響を及ぼした震災を振り返り、今後の復興に必要なこと―  中井 裕

◇T・から始める酪農
―原発被害によって浜通りから中通りに経営移転―  概・ユニオンデーリィ

◇原発事故による風評被害からの脱却を目指す会津地鶏
―行政をはじめ関連企業など地域が一丸となってブランド化を推進―  渇津地鶏ネット

◇地域の養豚経営と歩んだ復興
―自身の農場再建の取り組みや食肉製品販売店舗が直面した課題、被災地域の活性化に向けた活動など─  拠野目畜産

◇解題1 過去の自然災害等から復興した事例の取り組み  小澤 壯行

◇中越大震災を乗り越えた若き牛飼いの道のり
―仲間3人で生産組合を設立し、3年後に共同牛舎・施設建設―  関 克史・裕子さん

◇雲仙普賢岳噴火災害の被災から共同で農用地を集積し酪農を再開
―共同による力が積極的な行動力とアイデアを生み出す―  雲仙生乳生産組合

◇「特定疾病フリー」で新しい産地を目指す「新生養豚プロジェクト協議会」の活動
―若手養豚生産者が中心となった、口蹄疫発生による家畜ゼロからの取り組み―  新生養豚プロジェクト協議会

◇解題2 そのほかの再生・復興に向けて参考となる取り組み  鵜川 洋樹

◇「千屋牛」の地域内一貫生産体制を支えて
―地域資源の活用と太陽光発電システム導入の経緯と効果―  挙N多和牛牧場

◇稲WCSと飼料用米を有効に利用し、飼料費の低減に努力
―耕畜連携体制の確立で、輸入飼料依存から脱却―  臼井 節雄さん

■女性の視点■
とてもやりがいがある、私の仕事  井田 真由美

■畜産学習室■
畜産における第三者継承〜地域の生産力を維持・増進するには〜
第3回 「経営継承法人」という新たな手法  山崎 政行

■連載■消費者に安全な畜水産物を届けるための基盤づくり―試験・研究よもやま話
安全研レポート第8話 新研究所では学術研究を強化します
─ミツバチを用いた基礎試験から開発試験まで─

■畜産学習室■
最近の乳用牛群検定成績の動向について  相原 光夫

■家畜改良事業団情報■
黒毛和種新規種雄牛を2頭選抜!

■農場HACCP推進農場■
指定農場の取り組みS  有限会社中林牧場 宮崎農場

■海外事情■
フランスの最新の畜産事情
第3回 フランスの養豚事情とその展開―厳しい生産環境を乗り越えるための技術開発とその普及―  中胡 隆

■小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第55回 「蔵王爽清牛」 資源循環型新ブランド牛

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → バター、脱脂粉乳とも生産増で在庫回復 現状の不足感消え、価格は模様眺め気配

食   肉 → 焼材の動き活発化と供給不足から底固い牛肉相場、豚肉は行楽需要増や輸入冷凍物の在庫薄から強含み展開

鶏   卵 → 末端需要の鈍化と生産増で、当面軟調な相場展開が続くか

■トピックス・お知らせ■
平成24年度光岡賞は竃セ治の木村勝紀氏、森永乳業且R内恒治氏が受賞
─国際酪農連盟日本国内委員会が授賞式・記念講演会を開催─

牛肺疫の早期発見と発生予防のためのセミナーを開催─中央畜産会・衛生指導部

第51回総括畜産コンサルタント資格試験 合格者

「第5回全日本大学対抗ミートジャッジング競技会」開催される
─12大学・短大から過去最多の56人が参加─

野生鳥獣の食肉利活用イベント、相次いで開催

香港・台湾農水産物輸出商談ミッションに食肉事業者3社が参加

■業界短信/新刊紹介■

■ニュースフラッシュ■

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

 1部  
 定価 945円(税込み)+送料 100円
6ヶ月 
 6,270円(送料込み)
年間  
 12,540円(送料込み)
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら