畜産コンサルタント8月号
 

バックナンバーはこちら

■グラビア■
富士開拓農協による“6次産業化”へのチャレンジ
「富士山朝霧高原・富士ミルクランド」の取り組み
編集部

「みんなが元気に!」ミルクプロジェクト
―震災からの復興・再生を共に目指す酪農乳業の集い―
編集部

巻頭コラム
東北新幹線の駅弁から見えるみちのく産牛肉の多様な魅力
向笠 千恵子

■緊急特別企画■
原発事故の畜産への影響
―放射性物質の正しい知識と安全な畜産物生産のための留意点―

原発事故と畜産
松本 光人

原発事故を踏まえた家畜の飼養管理について
農林水産省生産局畜産部

■特集■
大家畜における大規模農場
―そこから学ぶ高度な経営管理や飼養管理技術―

酪農メガファームの課題と展望
―北海道の事例からみる経営状況と地域経済に与える影響―
荒木 和秋

大規模肉用牛肥育経営に必要な戦略
―5つの戦略で物財費をダウンさせ、粗収益をアップ―
横溝 功

大規模経営維持に必要な労務管理のポイント
―最低限必要な規定書類の整備と人材活用のための環境づくり―
金子 知弘

畑作、肉用牛肥育に加え6年前からは酪農にも取り組む大規模複合経営
―地域連携のなかで育つ、(有)西上加納農場(北海道士幌町)―
阿部 亮

地域と共存した資源循環型大規模畜産
―肉牛3頭の小さな家族経営から県下一のメガファームへ―
村田 春菜

地域の酪農を守るため5年前に仲間3人でスタートし、高度な機械化・データ管理で多頭化を実現
―経産牛450頭を飼養する朝霧メイプルファーム(有)―
編集部

データベースと人材を活用し、数年先の相場を見据えた経営を展開
―大規模乳肉複合経営・和洋牧場―
島崎 嘉洋

酪農部門とTMRセンターを立ち上げた大規模肉用牛経営
―安定・安価な飼料確保で規模拡大を図る松永牧場の取り組み―
加藤 大介

TMRセンターから食肉流通部門を有する大規模肉用牛経営
―錦江ファーム(カミチクグループ)の取り組み―
佐藤 健次

生産からと畜・食肉加工・販売までの流通体制を確立
―牧場と食卓が直結した(株)ナニワランチと丸正グループ―
編集部

■女性の視点■
女性、このすばらしき存在
大山 育江

■トピックス■
畜産女性いきいきネットワーク埼玉 平成23年度通常総会開催される
―震災をテーマにした講習会や交流会で会員らが意見交換―

■連 載 牛肉ブランド確立への道程■
第3回 米沢牛・白老牛・上州牛・千屋牛・広島牛・宮崎牛
宮崎 昭

■実用研究・成果報告■
暑熱・冬場対策と節電・省エネを同時に行うシステム
―ブロイラーシステム鶏舎の事例を中心に―
中島 功雄

■農場HACCP推進農場■

指定農場の取り組みA
―有限会社冨田養鶏場―
冨田 眞之

■小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第37回 夫婦で取り組む「自然卵」の6次産業
みその農園(徳島県小松島市)

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業
早い梅雨明け、気温上昇で生乳生産が急落
需給ひっ迫で輸入バターは高値追いの様相

食   肉
放射性セシウム問題で牛肉相場は急落
豚肉は強気相場予想も波乱含みの展開

鶏   卵
需要面での好材料は期待できず
需給バランス懸念の中、弱含みか

トピックス
農業を元気に A-1グランプリ2011決勝大会が開催される
野生鳥獣を地域資源へ ニホンジカを活用した6次産業の事例を紹介
公開シンポジウム「口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ等の危機をのりこえるために」のご案内
東日本大震災の畜産生産者救済のための義援金を配分しました
日本家禽学会2011年度秋季大会・公開シンポジウム開催のご案内

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

 

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

 1部  
 定価 945円(税込み)+送料 100円
6ヶ月 
 6,270円(送料込み)
年間  
 12,540円(送料込み)
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら