畜産コンサルタント11月号
 

バックナンバーはこちら

■グラビア■
「ちくさんフードフェア'09」晴れやかに開催さる
― 10月10〜11日 神奈川県川崎市で ―
編 集 部

全日本初生雛雌雄鑑別選手権第50回記念大会開かれる
編 集 部

■巻頭コラム■
長生きの秘訣は牛肉摂取にある
高田 明和

■特集■
液肥・消化液の利活用
― 処理の実態とその利用方法 ―

液状家畜排せつ物の処理を含めた環境対策における現状と課題
― 家畜排せつ物の高度利用 ―
大竹 匡巳

尿汚水や消化液など液状物の処理・利用
― 農場に合った処理・利用法の選択のために ―
羽賀 清典

液肥の特性と草地への効果的施用法
― 北海道における乳牛液肥の肥効評価法と施肥設計 ―
三枝 俊哉

〈実践事例@〉簡易ばっ気処理による液肥等利用の実態と課題
― 環境と調和した畜産経営を進めるために ―
澤田 寿和

〈実践事例A〉消化液の米、麦、飼料用作物への利用
― 山鹿市バイオマスセンターの取り組み ―
薬師堂 謙一

〈実践事例B〉豚尿を活用した飼料用米生産定着に向けた課題
― 食べる手・作る手・つないで食の再興計画 ―
佐藤 秀彰

〈実践事例C〉耕畜連携による消化液の利用
― 南湧バイオ利用組合の取り組み ―
編 集 部

Case Study“飼料自給力”アップ■
耕作放棄地の実態と解消への取り組み ― 耕作放棄地全体調査と耕作放棄地発生防止・解消活動表彰事業 ―
伊藤 嘉朗

トピックス■
“食肉の生産から食卓までを結ぶ”日本産肉研究会第5回学術集会 北海道八雲町を会場に開催される
編 集 部

■獣医師のち肉牛繁殖経営ときどき草刈隊 ― 中村陽二のマルチな業務日誌 ―■
第5回 社長になって考えること
中村 陽二

■現場発!畜産ほっと情報■
笑顔がいっぱいの京都産農畜産物フェア 農畜産に携わる者が「食」や「自給率」に取り組む姿勢を披露
京都産農畜産物フェア実行委員会

■女性の視点■
多くの人に支えられてのケーキ屋さん
石丸 勢津子

トピックス■
「ふるさと食品全国フェア」で農商工連携による開発食品を展示
編 集 部

■産地等銘柄(ブランド)牛肉の現状と課題■
「宮崎ハーブ牛」のブランド化と販売の取り組み

甲斐 
地域酪農を支え、強固なチームワークで生産地と消費地とを結ぶ「鹿追牛」

長澤 真史

(独)家畜改良センターニュース Vol. 53■
エサも種鶏も国産でいこう(「はりま」「たつの」での取り組み)

■小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第17回 アグリガールが日本を救う!? 〜 ノギャルに年齢制限はありません 〜

■中央畜産会の業務■
中央畜産会の経理業務って
長谷川 佳伸

■Dr.オッシーの意外と知らない畜産のはなし■
第84回 ジビエって、なあに?@
押田 敏雄

■畜産物の市況展望■

酪農
 ・
乳業

原料乳相場需給緩和に加えてカレントアクセスの実行が重しに
食肉
出荷増と末端不振で牛肉は安値推移
豚肉は調整保管発動で400円水準に
鶏卵
生産量は徐々に回復、消費は依然低空飛行ながら
気温低下による今後の増進に期待

トピックス / 「直売所甲子園2009」開催される / 馬と牛の蹄のケア技術を競う2つの大会開催 ― (社)日本装蹄師会

お知らせ / 「家畜衛生フォーラム2009」開催のお知らせ / トップクラスの農業経営者を育てる 〜 農業者大学校・入学のご案内 〜

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

 1部  
 定価 735円(税込み)+送料 84円
6ヶ月 
 4,914円(送料込み)
年間  
 9,828円(送料込み)
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら