畜産コンサルタント9月号
 

バックナンバーはこちら

■グラビア■
来訪者を喜ばせる“たったひとつの冴えたやりかた”
― 奈良県葛城市・ラッテたかまつ ―
編 集 部

「ミルクランド北海道展2009 in Tokyo」開催
― ホクレンが東京での初の牛乳・乳製品の商談会 ―
編 集 部

■巻頭コラム■
大学および畜産業における酪農科学振興プランに妙案は?
齋藤 忠夫

■特集■
と畜場・食肉センターの新しい波
― 新しい視点から見えてくる経営戦略 ―

食肉センターをめぐる情勢
衛生・環境対策と輸出促進への取り組みと課題
中村健太郎

と畜場のこれまでと、これから
80年代のと畜場の現状から現在まで
加地 

と畜、食肉加工における最新技術
省力化、衛生の高度化、環境負荷の低減をテーマに研究開発進む
板垣 基樹

「衛生」を食肉処理場の経営戦略に生かす
衛生が「金」になる時代がやってきた
森田 幸雄

「と畜場」=家畜から食肉になる重要な工場
畜産副産物の取引近代化に向けての― 考察
羽根田 實

夢と希望をもたらす飛騨食肉センターの活動
meat(集い)・meeting(話し合い)・meat(ミート)の取り組み
小林 光士

対米輸出認定の産地食肉センター・ナンチクの経営戦略
原料から加工分野への事業転換、海外市場への進出、CSR強化へ
八重倉 

省エネ・自然エネルギー導入による環境に優しい「モデル食肉センター」
越谷食肉センターにおける環境対策戦略とその具体的事例
福田 武仁

自動化で衛生的・省力化されたと畜作業を実現
潟Rワダヤ・鹿児島県南さつま市
編 集 部

商品価値を損なわない、牛体に優しい輸送とは
家畜輸送のプロフェッショナル・本多昌次さんに聞く
編 集 部

トピックス■
食肉処理機械の新製品が出展― FOOMA JAPAN 2009開催
編 集 部

■実用研究・成果報告■
産地等銘柄(ブランド)牛肉の現状と課題@― 産地ブランド牛肉実態調査結果から
中村 民夫

■女性の視点■
人と牛、自然に喜ばれる牛飼いを目指して
岡田 朋子

■生産獣医療の現場レポート■
牛群の繁殖障害の把握、診断および評価について
齋藤 康倫

■(社)家畜改良事業団情報■
安茂勝の枝肉成績が好調!安定した枝肉重量と脂肪交雑が魅力!

(独)家畜改良センターニュース Vol. 51■
家畜改良センター産の黒毛和種種雄牛がデビューします

■中央畜産会の業務■
手間をかけずに経営支援〜大家畜畜産経営データベースの活用で、経営課題の早期発見と対策を〜
工藤憲一郎

■小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第15回 牛づくりは人づくり〜青森県十和田市・農工園千里平〜

■Dr.オッシーの意外と知らない畜産のはなし■
第82回 特用畜産(物)とは?
押田 敏雄

■畜産物の市況展望■

酪農
 ・
乳業

不況と冷夏で需要減退
バター、脱脂粉乳在庫増
食肉
消費不振と出荷増で牛肉は安値推移
豚肉は400円を大幅に割る可能性も
鶏卵
需要増の材料乏しく続落気配
外食企業のプロモーションに期待

トピックス / オーストラリア大学対抗ミートジャッジング競技会開催される / インドネシアにて素朴なチーズを食す / 第39回全国酪農青年女性酪農発表大会開かれる / 産業動物診療獣医師を対象とした研修会を開催 / 最後の間接検定選抜は、田尻系・藤良系色濃く 家畜改良事業団が新規種雄牛を発表

お知らせ / (社)日本装蹄師会主催 全国競技大会のお知らせ

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

 1部  
 定価 735円(税込み)+送料 84円
6ヶ月 
 4,914円(送料込み)
年間  
 9,828円(送料込み)
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら