畜産コンサルタント1月号
 

バックナンバーはこちら

■年頭所感■
牛歩のごとく一歩一歩着実に前進へ
(社)中央畜産会 会長 小里 貞利

■新春特別企画■
畜産の安定的発展の道を開く
―直面する困難の中で明日の畜産を展望する―

第1部 新春対談
生源寺 眞一 ・ 橋 政行 (司会)菱沼 

第2部 新たな動き・風をよむ

国土の有効活用に畜産が果たす役割
◇遊休桑園・水田を活用した放牧への取り組み
岡田 


◇飼料用稲の利用による耕畜連携へ向けて
恒川 磯雄


若い世代に魅力ある畜産の姿と女性の活躍
◇「みやじ豚」ブランド化のカギはメールニュース配信とバーベキュー
宮治 勇輔


◇離島における担い手対策
中川 尚・瀬戸 敏明


◇酪農家の奥様は「牧場の太陽」
満島 千穂


エコ・スローライフへの関心の高まりと畜産の役割
◇環境・景観保全に取り組むNPO法人による河川敷の畜産的利用
美見 昭光


◇環境と調和した安全・安心な食材ブームの到来
わぐり たかし


消費者ニーズと高付加価値生産
◇地域密着型・生産者主導の有利販売でブランドを確立した採卵鶏経営
奥野 克哉


◇生協の産直の考え方と生産者支援
那須 


◇百貨店の食品売り場にご来店するお客さまが求めるもの
村山 慎一


◇国産鶏種に切り替えた「赤鶏さつま」の取り組み
田下 


■家畜改良センターニュース■
体外受精技術を活用した熊本系あか牛の改良

■トピックス■
将来の実用化に期待が持てる研究開発が勢ぞろい
―「アグリビジネス創出フェア2008」開催される―
編 集 部

小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第7回 幻のあぐーから生まれたやんばる島豚 沖縄県名護市「我那覇畜産」
小谷 あゆみ

■グラビア■
平成20年度 農林水産祭式典挙行される
編 集 部

■実用研究・成果報告■
飼料イネと粕類主体の乳牛用発酵TMR調製技術の開発(下)
石田 元彦

■新春セミナー/地域特産品をどう売り込むか■
地域の特産品を活かした物産展のコンセプト(上)
―大手百貨店における「北海道展」の展開を中心に―

内田 勝規

■Case Study“飼料自給力”アップ■
放牧で高収益を実現する酪農経営
―第8回放牧サミット現地検討会にみる優良事例紹介―
編 集 部

■トピックス■
希望にあふれる若手出品者が多数集結 ―2008東日本ディリーショー―
編 集 部

■アグリネット 今月の番組・おすすめ番組の見どころ■
『食品残渣で健康な豚づくり〜新潟県長岡市みゆき牧場』ほか

■畜産!特産!ごちそう産!!■
1月の放送予定「こだわり鳥取牛:鳥取県鳥取市」

トピックス / 千葉県産豚肉の一層の普及を目指して−ナイスポークチバ活動報告− / 平成20年度JRA畜産振興に関する調査研究発表会

■畜産物の市況展望■

酪農
 ・
乳業

盛り上がり欠いた原料乳製品の年末需要
食肉
年末年始は動き好転も頭数潤沢で牛肉弱い
出荷安定し豚価は430円台に落ち着くか
鶏卵
増羽意向強く、再び供給超過の懸念浮上
需要に見合った生産体制の構築を要請

グリーンチャンネル・アグリネット平成20年度 タイムテーブル

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

 1部  
 定価 735円(税込み)+送料 84円
6ヶ月 
 4,914円(送料込み)
年間  
 9,828円(送料込み)
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら