畜産コンサルタント1月号
 

■年頭所感■
年頭にあたって
(社)中央畜産会 会長 小里 貞利

■新春特別企画■
食育の推進と実践状況
−畜産が担う食農教育と各地の取り組み−

◇食育の推進状況
−食育の基本的な方針と各現場での取り組み−
引地 和明

◇子どもたちへの「食育」の推進方策
−「食育推進基本計画」の概要と文部科学省の取り組み−
井上 恵嗣

◇学校教育としての「食育」実践状況と教育現場に求められる「食育」
−現代的な教育課題に対応するために−
渡辺 俊行

◇酪農家の酪農家による酪農家のための教育ファーム
−「十勝農楽校」が伝えたいこと−
廣瀬 文彦

◇教育現場における食育活動の推進状況
−全国の小学校を対象とした食育アンケートの分析結果から−
篠原 総一郎

◇食育の実践事例
−47都道府県52事例の取り組み

■全国畜産縦断いきいきネットワーク■
「実りのフェスティバル」に初参加
事務局

■法人経営へのチャレンジ
−畜産法人にとっての新会社法への対応−

第9回 LLP(有限責任事業組合)の活用
山崎 政行

■家畜改良センターニュース■
国際規格に基づくサービスの提供

 

■畜産物の市況展望■

酪農
 ・
乳業

北海道の初妊牛販売価格11月から
「高値圏」に突入
食肉
牛肉は交雑種以外堅調相場を維持
供給減少で豚価は高値相場崩れず
鶏卵
年末需要がら一転し通常の引き合いへ
期待される加工筋の年末滞貨の吸収

トピックス/「アグリビジネス創出フェア2006」が開催される/ 「豚肉不正輸入抗議・総決起大会」を開催/−日本養豚生産者協議会日豪EPAで重要品目除外を政府に要望/「モデル普及シンポジウム−資源循環を考えた良品質たい肥化技術−」を開催/日清丸紅飼料がハーブ事業10周年記念イベント開催

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

 

ご注文については、こちらをご覧下さい。

刊行図書のご案内に戻る