畜産コンサルタント2月号
 

■グラビア■
平成15年度畜産大賞受賞事例 鳥取県東伯町・大山乳業農業協同組合
"酪農家の心を食卓へ"を基本コンセプトに
−生産から販売までの一貫体制を確立− 編集部

■巻頭コラム■
食育における畜産の役割
坂本 元子

■特 集■
平成15年度畜産大賞
−将来の方向性を示す受賞事例の概要−

審査講評
表彰事例の普及による日本畜産の発展に期待
−審査の結果と評価の根拠−
審査委員長・栗原 幸一

◎畜産大賞:地域振興部門◎
大山乳業農業協同組合<代表:代表理事組合長 幅田 信一郎(鳥取県東伯郡東伯町)>
□酪農家の心を食卓へ
−生産から販売まで−

◎最優秀賞:経営部門◎藤岡数雄・美江子さん(鹿児島県曽於郡大崎町)
□「低コスト化」追求で安定経営を築く子牛生産
−楽しい牛飼い人生を息子たちに−

◎最優秀賞:指導支援部門◎宮崎県国富町(代表:国富町長 上杉哲夫)
□町のリーダーシップで進む指導支援と多様な仕組みづくり
−顔の見える農家小グループが担う飼料イネによる耕畜連携−

◎最優秀賞:研究開発部門◎北海道立畜産試験場遺伝子診断応用研究グループ(代表:陰山聡一)
□新規遺伝子増幅法(LAMP法)による牛受精卵性判別キットの研究開発

■家畜衛生特報■
米国でBSE発生、食肉供給への影響が広がる
国内で79年ぶりの高病原性鳥インフルエンザが発生

■女性の視点■
ファームインで「つくり、味わい、癒される喜び」を伝えたい
冨田 佳子

■行政の窓■
「牛せき柱を含む食品等の管理方法」に関するQ&A
−牛せき柱の除去を義務付け、2月16日から施行−

■畜産物のブランド戦略V■
蒜山(ひるぜん)ジャージー牛乳物語
−ジャージー種の導入からプランド確立までの道

■畜産物の地産地消■
第7回 都市と農村の元気な交流を目指して
(有)風土村(千葉県香取郡山田町)

■現地情報
知って得する畜産現地情報

■Dr.オッシーの意外と知らない畜産のはなし■
第20回 家畜にも癖(くせ)はあるのか?A
押田 敏雄

 

■畜産物の市況展望■

酪農
 ・
乳業

バター市況は低調 プリント物にも影響
食肉
米国産牛肉停止で乳用種は高値推移
豚価は輸入急増で波乱含みの展開か
鶏卵
生産ローテーションの変動で供給過剰力騾刻
時期を待ち、テーブルエッグ消賛に期待

トピックス/「生産情報公表牛肉のJAS規格」説明会/第1回ニッポン食育フェアに約1万8000人

畜産経営経済研究会シンポジウム開催のお知らせ

業界短信/新刊紹介

新ふれあいごちそう産!

ニュースフラッシュ

 

ご注文については、こちらをご覧下さい。

刊行図書のご案内に戻る