畜産コンサルタント1月号
 

■年頭所感■
年頭にあたって
(社)中央畜産会 会長 山中 貞則

■新春特別企画■
畜産物の消費・需給動向を探る
−これからの生産のあり方−

攻めのマーチャンダイジングへの転換
(有)OMIコンサルタンツ 相川 浩

◇生産者直売所から見える消費者ニーズ
−本物の農産物情報とは何か−
(有)ペネット 青木 隆夫

◇デンマーク豚肉産業が目指す産業と消費者とのコミュニケーション
デンマーク農業理事会日本事務所 伊藤 嘉弦也

◇銀座4丁目のあか牛は人気メニュー
スエヒロ商事(株) 上嶋 棟一郎

◇牛乳のマーケティングからみたこれからの酪震経営
学習院大学教授 上田 隆穂

◇「未充足で強いニーズ」を満たし、"売れる商品づくり"へ
明治ケンコーハム(株) 岡内 理恵子

◇消費者は畜産物に何を求めているのか
−精肉を中心に−
夢市場(株) 尾辻 詩乃

◇農場から食卓まで、特に生産段階のリスク管理の重要性
日本生活協同組合連合会 鬼武 一夫

◇多様化する消費動向と産地食肉センターの対応
(株)岩手畜産流通センター 菊池 定春

◇消費者行動調査からみた食肉類に対する意識と行動
日本大学助教授 小泉 聖一

◇モノ作りの側からもっと情報発信を
毎日新聞社 小島 正美

◇食肉需給を大きく揺れ動かす、安全・安心の問題
食品産業新聞社 小松 千義

◇弁当・惣菜店におけるメニューの変化と消費動向
下畑クッキング事務所 下畑 雅彦

◇外食産業の視点から日本の農畜産業を考える
−有機農業を実践することでみえること−
(株)ワタミファーム 武内 智

◇最近の酪農動向からみた牛乳の新商品開発
タカナシ乳業(株) 田城 健治

◇食肉流通からみる消費動向の推移
東京食肉買参事業協同組合 田中 金太郎

◇消費者二一ズの変化と食肉小売店のマーチャンダイジング
−04年からの食肉販売 4つのポイント−
(株)月城流通研究所 月城 聡之

◇「安全・安心」の次のニーズはおいしさ、健康面の良さ、味わう楽しさ
イオン(株) 戸田 茂則

◇食卓と生産現場をつなぐために
−一連の食の安全を脅かした事件−

明治大学客員教授 中村 靖彦

◇メニュー、業態とも多様化進む焼肉業界
(社)日本畜産副産物協会 羽根田 實 

◇買ってくれるもの?それとも売るもの?
米国食肉輸出連合会 原田 

◇消賓者ニーズとハープ豚の開発、そしてハーブ村の展開
日清丸紅飼料(株) 松本 実

◇消費者が求める安全でおいしい畜産物の生産の条件
−一家畜の健康という側面から−
カルピス(株) 丸田 喜義

◇牛乳消費を意識した酪震生産
東京大学大学院助教授 矢坂 雅充

◇ニュージーランドの放牧酪農から得るもの
−乳製品原料の供給を通して感じた日本の酪震−
(株)日本工ヌ・ゼット・エム・ピー 矢島 康興

◇食卓からみた農畜産物への要望
(財)味の素食の文化センター 山中 フサ子

 

■畜産物のブランド戦略U■
ブランド牛肉の生産・販売戦略の実態と今後の推進方向
−BSE発生後の産地対応を中心に−
第3回 代表的乳用種・F1主体産t也の生産・販売実態と3つの推進方向
堀田 和彦

■現地情報
知って得する畜産現地情報

 

■畜産物の市況展望■

酪農
 ・
乳業

バターに活気なし、
脱脂粉乳は在庫8万t
食肉
豚価は輸入牛肉の代替需要が鍵に、
乳雄は堅調、和牛は下落パターン
鶏卵
持ち越し在庫発生の可能性高く、
寒波到来による需要の高まりに期待

トピックス/お茶を活用した循環型牛肉生産プラン等を評価

平成15年度畜産大賞業績発表・表彰式のご案内

業界短信/新刊紹介

新ふれあいごちそう産!

ニュースフラッシュ

 

ご注文については、こちらをご覧下さい。

刊行図書のご案内に戻る