畜産コンサルタント7月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
良質TMR供給や初妊牛リースで酪農家をサポート
―拠標津ファームサービスの増頭・増産戦略― 編集部

牛護蹄の研修会開催 第2回群馬牛削蹄チャレンジカップも併催 編集部

「オムレツの日」を祝う会 開催 編集部

■巻頭コラム■
子牛の生産振興に必要な視点―経営の「根付き方」への注目 大呂 興平

■特   集■
生産基盤強化のための新たな動き
―増頭・増産を目指して―

◇生産基盤強化のための技術開発の方向性 入江 正和

◇新たな技術を経営に活かすために―乳牛繁殖技術を事例として― 小澤 壯行

◇搾乳牛舎増設助成事業で増頭を支援
―岩手県の酪農生産基盤対策について― 大津 信一

◇酪農関係者が一丸となった生産者目線の国産種雄牛づくり
―J-Sireプロジェクトの取り組み― J-Sireプロジェクト検討委員会

◇長期不受胎牛に対する追い移植の受胎率向上効果の検証 清水 達夫

◇後継牛の確保に向け若齢預託牧場を建設
―メス子牛の哺育段階からの預託事業を開始― 吉村 薫

◇キャトルステーションを中心とした地域内一貫体制の確立
―農家の子牛管理労力の削減で増頭を実現― 今井 裕二

◇目指せ!子牛生産率95% 田原 正太

◇純粋国産種豚の改良を推進する「国産純粋種豚改良協議会」が設立
国産純粋種豚改良協議会

◇八幡平養豚グループの生産技術向上の方向性と農場拡大の指針
―第8農場着工に当たり検討してきたこと― 大泉 俊昭

◇ベンチマークの活用で繁殖・肥育成績が向上
―養豚ベンチマーキングシステムの活用―
山根 逸郎・山崎 尚則・廣澤 智恵子・宮下 史子

■女性の視点■
写真で牛の魅力を伝えたい 高田 千鶴

■行政の窓■
「知」の集積と活用の場について 農林水産省農林水産技術会議事務局研究推進課

■食肉研究者の暮らしから見えるフランスの畜産・畜産物■
F肉のプロフェッショナルがいる街の精肉店(ブーシェリー) 本山 三知代

■農場HACCP 推進農場■
指定農場の取り組み59 愛媛飼料産業株式会社 菊間ファーム(指定番号―採卵鶏40)

■小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第89回 完全放牧野生牛ジビーフ 親から子へ家族で耕す北の大地
チームジビーフで産地から食卓へ

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → 供給安定へのメッセージ込めた追加輸入措置
           先行きにらむ供給側と現状需給に安心する市場

食   肉 → 好材料が少なく中旬まで低調な牛肉市況
          品薄感の豚は高値疲れも600円台維持か

鶏   卵 → 稼動羽数増加による供給増と気温上昇に伴う需要減で弱含みの展開か

■トピックス・お知らせ■
創業70周年を記念してドイツのコンテストに出品 最高栄誉賞のトロフィーを獲得―サイボクハム

オリオン機械株式会社創立70周年感謝の集い開催される

「FOOMA JAPAN 2016(国際食品工業展)」に多数の食肉関連機械が出展

熊本地震災害義援金330万円を寄付 一般社団法人東京食肉市場協会

全国肉牛事業協同組合が通常総代会を開催―定款変更により酪農家も組合員に―

堆肥化施設、脱臭装置、堆肥のペレット製造機の最新機器が一堂に―2016NEW環境展の畜産関係の出展―

中央畜産会からのお知らせ 「平成28年度全国優良畜産経営管理技術発表会」の事例を募集します

農畜水産物輸出を支える食品科学技術のシンポジウム開催 日本食品科学工学会

中央酪農会議が「牛乳の日」に合わせ記者説明会を開催―指定団体制度の必要性を強調―

乳の学術連合が「牛乳の日」記念学術フォーラムを開催 「ミルクの価値 再発見!〜未来へのミルクの物語〜」テーマに

全肉連が創立50周年記念式典および祝賀会開く

A-FIVEトピックス パートナー企業とアジアのインバウンドを十勝に集客
―十勝で育った牛肉と農畜産物を使ったレストランプロジェクト―

アニマルウェルフェアの進化を目指して新組織設立

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

※平成26年4月1日から消費税8%を適用した価格でのご請求となります。

 1部  
 本体 900円+税+送料110円
6ヶ月 
 本体 5,400円+税+送料612円
年間  
 本体 10,800円+税+送料1,224円
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら