畜産コンサルタント6月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
広大な茶園跡地等を活用した繁殖和牛周年親子放牧の実践
―(有)富貴茶園 永松英治さん(大分県豊後高田市)―

「食肉産業展2018」開催、省人化進む加工機器 食肉製品は付加価値つけたこだわりを訴求

獣医、生産者、酪農ヘルパーらが削蹄や蹄病を学ぶ
―群馬県で「牛護蹄管理技術向上研修会」―

■巻頭コラム■
新たな局面に入ったわが国の農畜産業とともに 佐藤 一雄

■特   集■
放牧畜産の新たな展開
―生産性・収益性向上に向けて―

◇生産性を考えたこれからの日本型放牧の在り方 山本 嘉人

◇放牧をめぐる施策について 斉藤 秀幸

◇海外先進国の放牧畜産の現状と課題―NZ酪農を中心として― 荒木 和秋

◇肉用牛繁殖経営の生産性・収益性向上に不可欠な
周年放牧、親子放牧、実践事例と成果 千田 雅之

◇放牧活用による高収益経営―別海町O牧場― 須藤 純一

◇公共牧場のメリットを生かし効率化を図って進める放牧畜産
―公共牧場を活用した地域の畜産振興― 梨木 守

◇耕種農家との連携などCBSを核に進める「地域づくり放牧」
―茨城県久慈郡大子町の取り組み― 江波戸 宗大

◇八重山地域における生産性の高い暖地型牧草を利用した放牧畜産について 仲村 敏

■家畜改良事業団情報■
JP5H56465 ミツキーデール アリー スーダン ET
【“パトロンアリー”からアウトクロスのスーダン息牛!乳脂肪量改良力No.1!!】

■女性の視点■
ミツバチだけが作り出せる人類が愛してやまない蜂蜜 平野 のり子

■畜産学習室■
連載 ジビエの現状と課題@ ニホンジカおよびイノシシの個体数と農林業被害 時田 昇臣

■特別レポート■
小売・中食・外食業界の垣根を超えた「FOOD TABLE in JAPAN 2018」 近田 康二

■農場HACCP 推進農場■
指定農場の取り組み80 山形県立農林大学校(指定番号-牛59) 青柳 和重

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → 29年度生乳生産量は前年比99.3%
          中酪が生乳需給安定化対策における生乳出荷目標数量を公表

食    肉 → 牛肉は気温上昇に伴い焼き材需要が活発化
          豚は低調スタートもGW明けには630円台まで急伸

鶏    卵 → 積極的な餌付けで供給量増え産地在庫増
          相場は5年ぶりの170円台に
          供給増と気温上昇による需要減退で
          相場は引き続き低調に推移する見込み


■トピックス・お知らせ■
中嶋君忠氏(樺嶋製作所代表取締役社長)旭日雙光章受章祝賀会開催される

中央畜産会からのお知らせ 平成30年度全国優良畜産経営管理技術発表会の事例募集

TOKYO X-Association 平成30年度総会を開催―新会長に石井高洋氏を選任―

畜産経営経済研究会が養鶏事情で月例会 7月には都府県酪農テーマにシンポジウム

業界短信

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

※平成26年4月1日から消費税8%を適用した価格でのご請求となります。

 1部  
 本体 900円+税+送料110円
6ヶ月 
 本体 5,400円+税+送料612円
年間  
 本体 10,800円+税+送料1,224円
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら