畜産コンサルタント8月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
良質堆肥の生産で耕畜連携を支える 鹿沼市堆肥化センターの取り組み 編集部

良質堆肥生産に不可欠な副資材を選別・リサイクルし堆肥の価値を高める取り組み
朝霧メイプルファーム求@編集部

日本畜産物輸出促進協議会がフード台北2016に出展
―日本産畜産物PRセミナーを実施― 編集部

■巻頭コラム■
大切な資源である家畜のふん尿を生かし切ろう 伊澤 敏彦

■特   集■
畜産環境対策の新技術
―経営ニーズに沿った技術開発・普及の実態―

◇畜産環境をめぐる技術開発の動向
―現場ニーズの高まりを背景に行政主導から民間主導型へ― 薬師堂 謙一

◇国内のバイオガスプラントの普及状況と課題 岡庭 良安

◇バイオガスプラントの導入事例―鹿追町環境保全センターの取り組み― 城石 賢一

◇バイオガス技術の海外の先進事例―バイオガス先進国・ドイツの事例― 横溝 功

◇ガラス発泡材を利用した低コスト脱臭装置の開発 庄野 俊一

◇群馬県畜産試験場の脱臭技術への取り組み
―軽石脱臭装置からネット利用による開放型施設向け脱臭技術まで― 瀬山 祥平

◇養豚経営基盤強化に資する高度堆肥化システム(スマートコンポスト)の開発
石田 三佳

◇鶏舎、飼料、水と―総合的な環境対策を追求
―「地域に絶対に迷惑をかけない農場」を目指す― 野村 明夫

◇生産現場で活用できる環境対策の最新技術情報―新技術の開発と機器の特徴―
編集部

■女性の視点■
「豚」が結ぶお客様とのご縁〜LOVE&PIG、LOVE&PORK〜 横溝 智子

■家畜改良事業団情報■
子牛をより高く売るために 清水 一広

■地域発!畜産ほっと情報■
心の復興のためのヒツジ放牧 吉原 佑、笠田 一成、原田 勝成

■行政の窓■
畜産統計(平成28年2月1日現在) 牛、豚頭数は減少 採卵飼養、
ブロイラー出荷は増加

■食肉研究者の暮らしから見えるフランスの畜産・畜産物■
G内臓は第5の部分肉?スーパーで脳みそも販売 本山 三知代

■農場HACCP 推進農場■
指定農場の取り組み60 鰍-Milk Factory(指定番号−牛34)

■小谷あゆみの“おいしい”にはワケがある■
第90回 ご当地チーズで那須を活性化 世界が認めた酪農一家のチーズ

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → 追加輸入のバター6000t落札不調で再入札
           脱脂粉乳の5月生産、17ヵ月ぶり前年割れ

食   肉 → 和牛売場の縮小傾向の一方で先高感の交雑牛
          暑さで肉豚発育遅れが懸念、8月に再反発も

鶏   卵 → 気温上昇による小玉化と需要減退で相場は下押しの展開

■トピックス・お知らせ■
熊本・大分地震にかかる義援金贈呈―中央畜産会からのご報告

日本家禽学会2016年度秋季大会公開シンポジウムのご案内

「家畜の去勢について考える勉強会」開催

畜産環境をテーマとした「畜産環境シンポジウム・堆肥で増産! 〜耕種農家のニーズに即した堆肥づくりとその流通〜」開催

地方色豊かな食品集まる「食の魅力発見商談会」開催 221社が出展、2216人が来場

くまもとあか牛生産者の井信行氏が「辻静雄食文化賞」を受賞

アニマルウェルフェア加味した新たな農場認証を確立へ―FMVA

“ハンガリーの国宝“マンガリッツアが生体で初輸入

A‐FIVEトピックス おいしい但馬牛をリーズナブルに地元で提供
―但馬牛を活用した外食・精肉販売拡大プロジェクト―

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

※平成26年4月1日から消費税8%を適用した価格でのご請求となります。

 1部  
 本体 900円+税+送料102円
6ヶ月 
 本体 5,400円+税+送料612円
年間  
 本体 10,800円+税+送料1,224円
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら