畜産コンサルタント8月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
家畜が関わる伝統行事N 顔戸八幡神社祭礼(岐阜県可児郡御嵩町) 伊佐治 義広

(公社)中央畜産会施設・機械部会トップセミナー開催
 −コロナウイルスに対するワクチン接種の重要性を語る− 編集部

(一社)長崎県畜産協会 ハンデを強みに!6次産業化への飽くなき挑戦
田浦 はづき

■巻頭コラム■
「後始末よりも未然防止」による畜産物の安全 鋤柄 卓夫

■特   集■
BSE発生から20年 −畜産物の安全のために−

◇BSE の教訓を生かして 小川 良介

◇BSE の科学的知見について 筒井 俊之・横山 隆

◇BSE を契機に構築されたわが国の食品安全を守るシステムについて
 −食肉市場等のHACCP 導入を含めて− 小島 三奈

◇BSE の発生時の飼料規制について 木下 良智

◇米国産牛肉の輸入禁止と再開について 川島 俊郎

◇BSE を契機に明らかになった食品安全と課題 鬼武 一夫

◇BSE を契機に取り入れられたトレーサビリティシステム 新山 陽子

◇ちょっと長い編集後記 姫田 尚

■果てしない話■
第八話 畜産におけるアニマルウェルフェアを考える 酒井 健夫

■女性の視点■
大好きな牛と共に成長する 沖土居 雪奈

■行政の窓■
持続的な畜産物生産の在り方検討会について@ 松井 裕佑

■農場HACCP 認証農場■
認証農場の取り組みM 大城 守

■畜産のひろば■
VOL. 21 目に見えないものを数字に表すということ 真保 春紀

■小谷あゆみのようこそ!にっぽん畜産列島■
第24 回 静かなお蚕ムーブメントは東京から
お蚕フレンズプロジェクト(NPO くにたち農園の会) 小谷 あゆみ

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → Jミルクが2021 年の需給見通しと課題を公表
        7月の生産は好調も、8月中旬以降は猛暑の影響か
食   肉 → 牛は、輸出頼みも9月は小幅な回復みせるか
        豚は、輸入供給不安で底堅い展開、9月は530〜550円
鶏   卵 → 7月の東京相場の月間平均は、Mサイズ245円
                    (前年同月比92円高)
        鳥インフルエンザの影響で生産量の回復に時間を要している

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

※令和元年10月1日から消費税10%を適用した価格でのご請求となります。

 1部  
 本体 990円(税込)・送料別
6ヶ月 
 本体 5,400円(税込)・送料別
年間  
 本体 11,880円(税込)・送料別
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら