畜産コンサルタント10月号

バックナンバーはこちら

■グラビア■
第31回OIEアジア・極東・太平洋地域総会が63年ぶりに日本で開催
農林水産省 消費・安全局動物衛生課

最先端脱臭装置を組み込んだ環境制御型豚舎
神奈川県畜産技術センター・養豚協会の取り組み 編集部

畜産経営指導者育成の新任基礎研修 初の実践編開催
〜畜産コンサルタントに必要な経営を読み取る力養う〜 編集部

■巻頭コラム■
畜産・酪農の発展にむけて 渡邊 毅

■特   集■
厳しさを増す畜産環境への対応

◇水質汚濁防止法に基づく排水規制について 環境省 水・大気環境局水環境課

◇畜産環境規制の現状と課題〜新たな暫定排水基準の改定と臭気対策〜
農林水産省生産局畜産部畜産振興課

◇ニーズを考えた肥料取締制度の見直し 野島 夕紀

◇硝酸性窒素等の規制の動向と農場サイドでの対応 田中 康男

◇養豚場における汚水処理対策

◆(その1)複合ラグーン方式の特徴と窒素除去 横井 星二

◆(その2)膜分離活性汚泥法(中空糸膜方式)および標準活性汚泥法の特徴と窒素除去 渡辺 是文

◆(その3)膜分離活性汚泥法(平膜方式)およびオキシデーションデッチ法の特徴と
窒素除去 石田 稔

◇畜産環境改善に貢献する施設・機械・技術
潟nイテム、鞄V神製作所、渇ェ田製作所

■女性の視点■
生産現場に出向き 広がった視野 前田 実祐

■実用研究・成果報告■
乳牛との接触による事故の実態と対策(フリーストール/フリーバーン編) 志藤 博克

■農場HACCP 推進農場■
指定農場の取り組み94 ノース・ベスト・ファーム求i指定番号:豚−132)

■畜産のひろば VOL. 2■
畜産経営支援の現状と取り組み 山田 文彦

■海外事情■
平成30年度海外畜産事情研修から―各国の指導・支援を見聞きして―
Bデンマークの支援機関・養豚生産者にふれて〜 金松 尚裕

■新コラム■
小谷あゆみの ようこそ!にっぽん畜産列島
第1回 地上の楽園をつくる放牧酪農 足寄町・ありがとう牧場 小谷 あゆみ

コーヒーブレイク
学生と企業の双方が満足するこれからの就活@ 金子 美鈴

■畜産学習室■
畜産クラスターに係る全国実態調査結果について―酪農編― 半田 裕紀

■畜産物の市況展望■
酪農・乳業 → 日米貿易交渉が大枠合意、酪農乳業への影響は
           令和2年度の農林水産関係予算、概算要求を公表

食    肉 → 和牛から交雑牛へと需要がシフト
           豚価は供給が締まり緩やかな値下がり

鶏    卵 → 8月の東京相場の月間平均はMサイズ150円(前年同月比△22円)
           今後は需要面に好材料が多いことから強含みの展開が見込まれる


■トピックス・お知らせ■
畜産環境シンポジウム〜家畜ふん堆肥を利用した土づくり〜

業界短信/新刊紹介

ニュースフラッシュ

月刊誌「畜産コンサルタント」

(毎月1日発行)

※令和元年10月1日から消費税10%を適用した価格でのご請求となります。

 1部  
 本体 900円(税・送料別)
6ヶ月 
 本体 5,400円(税・送料別)
年間  
 本体 10,800円(税・送料別)
ご注文については、こちらをご覧下さい。

その他の刊行図書はこちら