公益社団法人中央畜産会 セキュリティ方針

1. 情報セキュリティへの取組み
 公益社団法人中央畜産会(以下、「当会」という。)は、「情報セキュリティ(情報資産の機密性、完全性及び可用性を確保すること)は、当会の経営上及び事業上の最重要課題のひとつである。」との認識のもとに組織をあげてこれに取組む。

2. コンプライアンス・プログラム
 当会は、役員及び従業員に情報資産保護の重要性を認識させ、情報セキュリティマネジメントシステムを確立・徹底するためのコンプライアンス・プログラムを策定し、これを実施し、維持し及び継続的に改善する。

3. 法令等の遵守
 当会は、コンプライアンス・プログラムを情報セキュリティに関する法令、規格その他の規範に準拠・適合させるとともに、これらの法令、規格その他の規範を遵守する。

4. 教育・訓練
 当会は、役員及び従業員の情報セキュリティへの意識向上を図るとともに、情報セキュリティ、コンプライアンス・プログラムについての教育・訓練を行なう。

5. 事故発生予防と対応
 当会は、情報セキュリティ事故の発生予防に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じる。

 

[中央畜産会ホームページへ戻る]