口蹄疫等の発生予防対策の徹底について

2015/02/09

 

口蹄疫等については中国、台湾などの近隣の諸外国での発生が継続しており、地理的にも我が国にもっとも近い韓国でも発生が確認されているところです。

こうした状況にあることから、公益社団法人中央畜産会では、日本中央競馬会の助成を受けて実施しております、「産業動物危機対応獣医療確保特別対策事業」において口蹄疫防疫対策の一助として以下の資料を作成いたしました。

本資料はA4版の裏表資料で、効果的な消毒の実施や口蹄疫の疑わしい症状の写真も掲載し、農場等に掲示して発生予防に努めること及び発生時の早期通報を喚起する内容となっております。

農場における発生予防に資するため、飼養衛生管理の徹底を呼びかける本資料を緊急に牛及び豚の飼育農家、獣医師及び関連団体に緊急に配布することと致しましたのでお知らせいたします。

資料:口蹄疫等の発生予防対策の徹底について(PDF)pdf

〔お問い合わせ先〕
 衛生指導部 原田、守永
 TEL 03-6206-0832