平成28年度家畜伝染病等危機管理対策強化研修会等の開催のお知らせ

2016/10/07

1.開催目的

 国内において口蹄疫等の特定疾病は清浄化されているものの、中国等近隣諸国で口蹄疫が、欧州、ロシアでは豚に特有のアフリカ豚コレラがそれぞれ継続的に発生しています。また、韓国においても豚コレラの発生に引き続き口蹄疫の再発する等緊迫した家畜衛生状況におかれています。

 そうしたなか、豚の主要生産県において、海外で発生が続き、我が国への侵入の恐れられていた伝染性下痢(PED)の発生も平成25年度末以降報告されており、迅速な発生確認、的確な防疫措置等に係る海外悪性伝染病等の疫学知識及び高度臨床診療技術の習得に基づいた産業動物獣医師による防疫支援体制の強化が緊急な課題となっています。

 このため、これら緊迫している口蹄疫、アフリカ豚コレラや豚コレラ、PED等の防疫支援強化に不可欠な基礎臨床診療技術の早期習得と臨床現場で家畜伝染性疾病等に即応できる臨床診療技術水準の確保を図るとともに、第一次診療及び初期防疫措置を担う中堅産業動物診療獣医師に対する臨床診療技術の習得及び防疫措置支援の体制を充実し、防疫水準を向上維持することが必要となっており、万が一、これら海外家畜伝染病等の侵入、発生した際の緊急防疫を支援できる民間産業動物獣医師の育成・確保を図り、我が国畜産の振興に資するものです。

 

2.対象者

 産業動物獣医師であって、海外悪性伝染病等の病性、防疫措置に関する技術の向上に意欲のある者とします。

 受講者数: 各会場とも50名程度(2日間開催の会場では、各日50名程度)

 

3.期日・実施場所・講演内容

 全国5か所(北海道・宮城・千葉・岡山・鹿児島)で実施します。

 

4.申し込み方法

 申込書(会場別)に必要事項を記入し、メール(eisei@sec.lin.gr.jp)またはFAX(03-5289-0890)にて送付してください。FAXを送付された場合は、必ず電話で着信の確認を行ってください。(03-6206-0835)

 また、本講習会への参加に要する経費について、公務員以外の受講者につきましては本会の旅費規程により負担することを申し添えます。その場合は講習会受講旅費に係る確認表にも記載の上送付してください。申込期限は以下のとおりです。本会規定で宿泊が認められる場合には、後日宿泊証明書を提出していただきます。

 北海道会場:平成29年1月10日
 宮城会場:平成28年11月14日
 千葉会場:平成28年11月11日
 岡山会場:平成28年11月4日
 鹿児島会場:平成28年11月28日

※なお、当講習会は各会場の参加予定者数に達し次第締め切ることがございますので、予めご了知下さいますようお願い申し上げます。

 

user-chat 関係データ

 location 北海道  ・開催期日・内容等pdf  ・申込書word ・申込書(公務員用)word
 location 宮城   ・開催期日・内容等pdf  ・申込書word ・申込書(公務員用)word
 location 千葉   ・開催期日・内容等pdf  ・申込書word ・申込書(公務員用)word
 location 岡山   ・開催期日・内容等pdf  ・申込書word ・申込書(公務員用)word
 location 鹿児島  ・開催期日・内容等pdf  ・申込書word ・申込書(公務員用)word

 location 講習会受講旅費に係る確認表word
 location 宿泊証明書pdf